Close
ad-image
チェス・と・行け!一刀入魂こそが薩摩男児でごわす

チェス・と・行け!一刀入魂こそが薩摩男児でごわす

いきなりですが、幕末剣術クイズです。「土佐の坂本竜馬は北辰一刀流。長州の桂小五郎は神道無念流。では薩摩の西郷隆盛は?」。あれ、西郷さんの剣って何流なんだったっけ? 思わず首をかしげてしまいますよね。それもそのはず、西郷は子供のころに腕の腱を切ってしまい、利き腕を自由に動かせなくなってから、剣の道をあきらめてしまっていたのです。でも、実は西郷の心の奥底に、ある剣の奥義からくる“イズム”があったという噂が! 真相を探るべく、薩摩は薬丸自顕流を取材してきました!

薩摩の地元にのみ伝わってきた薬丸自顕流(やくまるじげんりゅう)

「きいええぇーーー! えやあぁーーー! きぇやあぁーーー!」……おっと、冒頭から派手に声を出して失礼つかまつりまする。実はこれ、ストレス発散のために大声を出しているのではなく、薬丸自顕流という剣術流派の掛け声なのです!
薬丸自顕流、薩摩の歴史に詳しくない方には耳慣れない流派でしょう。江戸時代の剣術といえば、千葉周作が始祖で坂本竜馬も習った北辰一刀流だとか、桂小五郎が学んだ神道無念流などが有名ですね。江戸期前半であれば、時代劇でおなじみ柳生新陰流という流派もあります。
薬丸自顕流は、こうしたメジャー流派ではなく、薩摩で伝わってきた地元の流派。始まりはなんと平安時代にまでさかのぼります。伴兼行という始祖が、野太刀の技を後世に伝えました。
野太刀といと無骨な響きも感じられますね。わかりやすく言うと、乱戦の戦場で使うような長い刀や薙刀のような武器のこと。つまり、1on1で剣術の技を競うというより、戦場でバッタバッタと敵をなぎ倒すための“無双的”な剣術というわけですね。この伴兼行が豪族として薩摩に根を張り、代を重ねて子孫たちが野太刀の技を磨き、島津家に伝わる流派となったのです。

一番上に飾られているのが薩摩拵えの刀。鍔が小さく柄が少し長いことと、刀身が逆反りしているのが特徴。

超攻撃的スタイルで防御なんて関係なし!

戦国時代の薩摩、つまり島津家といえば”鬼島津”と畏れられたツワモノぞろい。やはり先ほどの気合いが入った叫び声と強さでさぞかし恐がれられていたんじゃないかと、薬丸自顕流顕彰会宗家である薬丸康夫さんにお話を聞いてみました。
「あの気合いが入った叫び声を、私たちは“猿叫”と呼んでいます。鶏の絞められる声に例える人もいますね。猿叫が聞こえると、すくんでしまう相手も多かったのです。もっとも薬丸自顕流の特徴は叫び声だけではありません。抜刀術でも、構えからの攻撃でも、決して一の太刀を疑わない。二の太刀は負けと見なす。つまり、防御という考えがないのが一番の特徴です。一撃必殺、先手必勝が信条の流派なのです」
要するに、先に相手を頭から叩き斬る一撃を決めてしまえば、そのほかの技も防御すらもいらないじゃないかという超攻撃的スタイル。いやいや、だって敵が先に仕掛けてくることだってあるわけじゃないですか! そういうときはどうするの……?

新選組の近藤勇も恐れたモンスターパワー

「そのときは、自分が斬られるより先に一瞬で相手を仕留める攻撃を繰り出すか、相手の攻撃を叩き落としてから仕留めます」と、薬丸自顕流顕彰会で理事を務める西原龍司さん。
もうお見事というほど守備を捨てきったカウンターアタックな考え方。その破壊力はモンスター級で、一撃を受け止めようとして刀ごと身体を真っ二つに斬られたり、まるで藁の束をすっぱり切るかのように軽々と胴体を切り離してみせる剛の者が居たと言われるほど。相手からするとたまったもんじゃないでしょう。
幕末の無双的集団といえば新選組ですが局長の近藤勇ですら、「薬丸自顕流の一の太刀(最初の一撃)はほんとにヤバいから、自顕流の使い手と戦いそうになったらすぐ逃げろ!」と(有名な”局中法度”に触れるので大っぴらではないですが)自分の側近に漏らしていたほど。なにせ薩摩藩主の島津斉興ですら、目を白黒させて「尋常じゃない!」と席を立ったほどだそうで。

西郷も薬丸自顕流を習っていたのか?

この考え方が豪胆なイメージの薩摩武士の気性と合ったのは言うまでもなく、下級藩士を中心に広まっていきました。15歳前後の少年たちが、年下の子供たちに教えていくという薩摩独自の教育システムである郷中教育にも取り入れられ、西郷の生まれた頃には、学校で言えば一般科目のようになっていたのです。
我らが西郷どんも、幼少のころに薬丸自顕流に触れたことは考えられます。もっとも西郷が薬丸自顕流をどのように習い、どれだけの腕前だったかは記録として残っていません。それもそのはず、西郷は近隣の郷中の少年とのケンカに巻き込まれ、腕の腱を切断するという大けがを負ってしまいます。そして、かなり早い段階で剣の道をあきらめなくてはいけなかったのでした。
当時、上級・下級ともに武士である以上は剣術を習っていないと男の子としては面目が立たなかった時代。もしかしたら「剣術しないなんて、お前、おかしいんじゃね!?」なんて、昭和世代の少年たちの間でファミコンを持っていなくてバカにされるような状態にあったりしたのではないか……と思いきや、西郷隆盛公奉賛会の西郷隆文さんと新宅和正さんは「そんなことはなかった」と笑い飛ばします。

稽古用のユスの木の木刀。西郷どんもこの棒切れを振り回していたかもしれません。

一気に行けよ!行けば分かるさ!心に刻んだイノキもとい自顕流イズム

「西郷さんは切り替えが早かったというか、物事を悲観的にとらえなかったというか……多少は落ち込みもしたそうですが、とにかくすぐに開き直ったようなのです。あっけらかんとしていたそうですよ。剣術ができないならば学問をするしかないと、それは堂々としたものだったと伝わっています。周囲の子たちも、あまりの見事な振り切り方に馬鹿にしようもできない雰囲気だったと思います」
とにかく切り替えが早い……一撃が早い! 相手が馬鹿にしてくる前に、大胆に振り切ってしまう……先手のとり方がすごい! って、あれ? これって薬丸自顕流でいう一撃必殺&先手必勝マインドに通じる部分じゃないですか!? だとしたら、西郷は身体ではなく、精神面で薬丸自顕流をきっちりとマスターしていたことになるじゃないですか!
ちなみに、時代劇などでよく見る「チェスト」という掛け声。これ実は「チェスト」だけだと意味がおかしくなってしまうそう。正しくは「チェス・と・行け」と全文言ってこそ薩摩武士魂がこもる言葉になるのだとか。意味としては、「チェス=一気に(突っ込んで)行け」というもの。西郷どん、一刀入魂の切り替えを武器に、学問に向けて“チェス・と・行った”わけだったのですね。

 

取材・構成/新田哲嗣

構成作家・シナリオライター・演技コーチ。
コミックやゲームのシナリオから舞台・映像の演出、俳優育成のための演技レッスン、ビジネスパーソン向けの魅力開発ワークショップ等々、ビジネスからエンタメまで幅広い分野を手がける。『B型女の取扱説明書』(著作)、『出口汪のマンガでわかる すごい! 記憶術』『出口汪のマンガでわかる 論理的に話す技術』、高校生向け金融知識・FP技能士啓発図書『飛び立て!未来』(シナリオ)などを刊行。https://www.nitta-akitsugu.com/

Close