Close
ad-image
【Vol.4】ホントに日本の伝統工芸? 「江戸切子」の数奇な運命

【Vol.4】ホントに日本の伝統工芸? 「江戸切子」の数奇な運命

【数奇な運命・4】
近年まで「江戸切子」は存在しなかった?

 

明治時代に近代化に成功して以降、今日まで順調に発展してきた江戸切子。しかし「江戸から大正あたりのどの文献を見ても“江戸切子”なんてどこにも出てこないんです」と、またしても淑郎さんから衝撃発言が。これまで語られた歴史とは一体??

「西洋のものを下地に始まった経緯から、近年まで江戸切子は“カットグラス”と呼ばれていたんです。工房の初代・菊一郎も江戸切子を『舶来物のカットグラス』と呼んでいたほど。今思えば、40年ほど前に2代目の英夫が、問屋の方のアドバイスで名刺に入れたことが、職人で“江戸切子”を名乗った先駆けだったと思います」

実用品“カットグラス”が、伝統工芸“江戸切子”となったのは、1985年に東京都の伝統工芸に指定されてからのこと。それまでほぼ知名度がなかったものの、その後2002年には国の伝統工芸に全国で唯一のガラス工芸として指定され、2008年の国際会議では国賓への贈呈品に採用されるなど、その名を一躍世界にまで広げたのは周知の通り。

今や日本を代表する伝統工芸となった江戸切子ですが「伝統を背負っているなんてとんでもない。それはあくまで結果論です」と淑郎さん。「ガラスの器を使う習慣なんて、将来はなくなってしまうかも(笑)。だから、技術をいろいろなことに活用していかないと」

「お酒を飲む方以外にも、江戸切子に親しんでもらいたいんです」と4代目の昂平さん。その作品は、ジュエリーや日常使いのグラス、写真家とのコラボレーション作品など、一見それとわからないほどモダンで自由。しかしその本質は、職人歴8年にして多くの工芸展で入選を果たした確かな技術力に裏打ちされる、正真正銘の江戸切子だ。

その想いを受け継ぐように、今の切子界には小林硝子工芸所の4代目・昂平さんをはじめ、器に囚われない作品に挑戦する若手職人が活躍しています。

山アリ谷アリの数奇な運命に、かたちや名前を変えても受け継がれる技術。今後は、当たり前に身近にある日用品が「じつは江戸切子!?」と驚く機会が増えていく予感!

 

有限会社 小林硝子工芸所

1908年、初代・小林菊一郎が切子職人になったことから始まった老舗工房。その後、後に2代目となる長男の英夫と共に現在の猿江にて開業。1973年に淑郎が3代目を、また2010年に淑郎の長男昂平が4代目を継ぐ。現在は工房に直売所、切子教室を併設している。

〒135-0003 東京都江東区猿江2-9-6
電話・FAX:03-3631-6457
Mail:del2salusa1@yahoo.co.jp

《直営店》
営業時間:10:00〜18:00(12:00〜13:00は休憩時間)
定休日:祝日
※ 駐車スペースあり。
※訪問時は、前日までに要連絡。

写真・取材・ 文/POW-DER

(参考文献)
●江戸切子―その流れを支えた人と技 / 山口 勝旦
●NHK 美の壺 切子 (NHK美の壺) / NHK「美の壺」制作班 (編集)

Close