Close
ad-image
【Vol.5】ホントに日本の伝統工芸? 「江戸切子」の数奇な運命

【Vol.5】ホントに日本の伝統工芸? 「江戸切子」の数奇な運命

【数奇な運命・5】
倍率ドン! 江戸切子の巨匠の子孫は“アノ人”!?

 

今回訪ねた小林硝子工芸所。その工房兼直売所の壁のひときわ高いところに掲げられている一枚のサインを発見。

こちらの工房の初代は名工と名高い菊一郎さんですが、その師匠にあたるのが大橋徳松さんという職人。じつはこの徳松さんの孫こそ、かの有名な名司会者で政治家・大橋巨泉さんなのです! というわけで、サインの主もこの方でした。

これもまた、江戸切子の数奇な運命?(笑)

●江戸切子の数奇な運命 まとめ●
【数奇な運命・1】始まりはインポート物フォロワー? 
【数奇な運命・2】パイオニアなのに……下町零細企業はジリ貧!? 
【数奇な運命・3】ラッキーづくし?の明治維新  
【数奇な運命・4】近年まで「江戸切子」は存在しなかった?

有限会社 小林硝子工芸所

1908年、初代・小林菊一郎が切子職人になったことから始まった老舗工房。その後、後に2代目となる長男の英夫と共に現在の猿江にて開業。1973年に淑郎が3代目を、また2010年に淑郎の長男昂平が4代目を継ぐ。現在は工房に直売所、切子教室を併設している。

〒135-0003 東京都江東区猿江2-9-6
電話・FAX:03-3631-6457
Mail:del2salusa1@yahoo.co.jp

《直営店》
営業時間:10:00〜18:00(12:00〜13:00は休憩時間)
定休日:祝日
※ 駐車スペースあり。
※訪問時は、前日までに要連絡。

写真・取材・ 文/POW-DER

(参考文献)
●江戸切子―その流れを支えた人と技 / 山口 勝旦
●NHK 美の壺 切子 (NHK美の壺) / NHK「美の壺」制作班 (編集)

Close