Close
ad-image
【亀田縞】かつて北限の綿産地だった新潟・亀田地区の伝統織物から誕生したシマシマ短パン

【亀田縞】かつて北限の綿産地だった新潟・亀田地区の伝統織物から誕生したシマシマ短パン

”日常を楽しもう”というコンセプトのもと、新潟の地域をデザインする「hickory03travelers(ヒッコリースリートラベラーズ)」が、縞模様が特徴の「亀田縞(かめだじま)」パンツシリーズを発売します。

「亀田縞」の特色は、手触りのよさと藍(インディゴ)で織られた美しい文様。

約300年前に新潟市亀田地区で生まれた伝統織物「亀田縞」。信濃川と阿賀野川に囲まれた地域は、かつて亀田郷と呼ばれていました。ほぼ湖のような農地で作業をする農民が、水と泥に強い綿織物を求め自作したことが亀田縞の歴史の始まりです。丈夫な生地、独自の縞模様は全国的に広がり、大正初期には600以上の事業者が亀田縞を生産していました。しかし、戦争とともにこの亀田縞製造業はつぎつぎに廃業。また、海外からの安価な生地の輸入が増えたことも影響し、一度はその姿を消すことになります。

それから時は経ち、2002年に2軒の機織工場によって亀田縞は復活。横織を得意とする「立川織物」と、縦織が得意な「中営機業」の2社により、再び生産されるようになりました。その両者の技術を活かして展開するブランドが『亀とうさぎ』です。

亀田縞の特徴は、丁寧に織り込むことによって生まれる、洗うほどにしなやかさを増す素朴な 風合い。スピーディな現代の織機でつくるのは難しく、昔ながらの織機と 職人の手によって生み出されます。
亀田縞の最大の特徴は、素朴な風合いもさることながら「縞模様」が織りなす 独特の美学にあります。どこまでいっても交わることのない直線は吉祥の柄。先人たちの積み重ねてきた苦労、そして整然と連なる田の美しさも連想させます。

hickory03travelersが今年の夏に向けて発売する、亀田縞の新しいパンツ『亀とうさぎ』シリーズ。亀田郷の過酷な米作りを支えた伝統を受け継いだ布は泥や水に強く、素朴であたたかみのある風合いです。手間を惜しまず、しっかりと作り上げたパンツは丈夫で長く使うことができ、日々使い続けることで風合いを育てていく楽しみもあります。ゆったりしつつ、すっきりとしたシルエットで穿き心地抜群。この夏、ヘビロテ必至!なハーフパンツの誕生です。

「亀とうさぎ」ハーフパンツ(ネイビー×イエロー) 9504円(税込み)
「亀とうさぎ」ハーフパンツ(グレー×ネイビー) 9504円(税込み)
”日常を楽しもう”というコンセプトにもと、さまざまなモノやコトをクリエイトする集団「hickory03travelers」。新潟市上古町商店街に店舗と作業場を構え、Tシャツや雑貨などを中心にデザイン・制作を行っている。

 

hickory03travelers
住所:新潟県新潟市中央区古町通り3番町556
TEL:025-228-5739
営業時間:11時~18時30分
定休:月曜(祝日の場合は翌日定休)
URL:http://www.h03tr.com

 

Close