Close
【うなぎ茶漬け】で朝食を。滋賀・大津の魅力を体感「商店街HOTEL 講 大津百町」

【うなぎ茶漬け】で朝食を。滋賀・大津の魅力を体感「商店街HOTEL 講 大津百町」

全国の宿をメディア化する自遊人が、2018年8月10日(金)、滋賀県大津市に「街に泊まって、食べて、飲んで、買って」をコンセプトに掲げた新・メディア型ホテル「商店街HOTEL 講 大津百町(以下、「講」)」を開業します(※現在プレオープン中)。

大津はかつて「大津百町」と呼ばれるほど賑わった、東海道53 次最大の宿場町。しかし現在ではその面影もなく、空き家が目立つようになっています。「講」は、旧東海道と並行するアーケード商店街にある、築100年以上の7軒の町家をリノベーション。それもすべての町家の設計を建築家・竹原 義二が、庭は荻野寿也景観設計が手がけました。デザイン面はもちろん、実用性と快適性を重視して、今後さらに100年使用できる“現代の町家”として蘇らせたのです。また、街の活性化を自走させる仕組みとして、「ステイ・ファウンディング」という日本初の試みを導入しています。

淡水の固有種が多いことで知られる琵琶湖。大津では鮒寿司、琵琶湖八珍、うなぎしゃぶしゃぶなど、今も独特の食文化が受け継がれています。京都の宇治茶も滋賀で栽培されていたり、千枚漬けの大根の大半は滋賀産であったりと、大津周辺は実は京都の食文化を支えている地域なのです。
路面電車の走るアーケード商店街。丸屋町、菱屋町、長等の3つの商店街 (※通称 中町商店街) と平行する旧東海道の京町通の周りにある7軒の町家が「講」を成しています。

「どうしたら大津の町家を残すことができるのか――」。その問いからスタートした「講」のプロジェクト。自遊人 代表、岩佐さんの提案は、“滞在する人々に大津の素晴らしさを知ってもらう”メディア型ホテルというものでした。

大津の商店街をまるごとコンテンツ化し、アイディア、クリエイティビティ、モノ、食、サービスなどを「講」を訪れる人々が体験・体感。そして「大津って結構いいよ」「滋賀って穴場だね」と拡散することで、大津や滋賀のさまざまな魅力を発信し、活性化をはかる“仕組み”が生まれる。「講」は、ホテルを「メディア(=媒体)」と考え、そこに行き交う人々が体験を発信・拡散する、新たなインタラクティブ・メディアの枠組みを担うホテルなのです。

「ステイ・ファウンディング」とは、擬似的な入湯税や宿泊税のようなもの。「講」に泊まることが街の蘇りを促す “仕組み”のひとつです。民間企業である自遊人は、宿泊料金内に目的税のようなものを擬似的に組み込む仕組みを考案。「ステイ・ファウンディング」では、各地の入湯税とほぼ同じ1泊1人あたり150円を擬似財源化し、大津の商店街などへファンド全額を寄付します。多くのお客様にお越しいただくほど、大津の街が元気になる仕組みなのです。

■「講」が提供・提案するコンテンツの魅力

「講」を構成するのは、7軒の町家(近江屋、茶屋、鍵屋、丸屋、萬屋、鈴屋、糀屋)です。築100年、古いものは150年近く経っていると推測される7軒の町家を、“町家というコンパクトな暮らしのよさを体感してもらう”“木造建築のよさを体感してもらう”をコンセプトにリノベート。真冬でも、薄着で過ごしていただける快適性を実現しています。一棟貸し切りタイプの町家は自然を表現した坪庭を擁し、各室にはフィン・ユール、ハンス・ウェグナーなどの名作家具を配置。「町家には和家具」ではなく、座り心地のよいデンマーク家具を配置し、現代人の「心地よさ」を追求しています。

「茶屋101 デラックスツイン(55.7平米/定員2名)」 1階の畳2間続きで、奥行きのある風情あふれる贅沢な庭を望める格式ある部屋。 作庭は京都で数々の実績を持つ荻野寿也景観設計。ツインベッドを備え、檜浴槽のバスルームとトイレ付き。家具は、アルネ・ヤコブセンの「エッグチェア」や「スワンチェア」などが置かれています。

夕食は、知られざる老舗の割烹・料亭、地産地消のコース料理が評判の料理店、うなぎ、近江牛の名店、そして気軽な居酒屋から定食屋まで、ご希望にあわせてコンシェルジュがご紹介。1棟貸し切りタイプの客室にはキッチンも付いているので、商店街などで食材を買ってきて軽く調理し、召し上がっていただくこともできます。また、朝食は江戸時代から続く日本のファーストフード「お茶漬け」をリ・デザイン。うなぎは長等商店街の川魚専門店「タニムメ水産」から。

全施設で「ローカル・ガストロノミー」の追求を掲げる自遊人が、無添加の醤油や酒などの調味料を納入し、特別に製造してもらいました。そのほか朝食では、コアユやスジエビなどの貴重な琵琶湖の幸、滋賀の郷土食材である、えび豆や湯葉、赤こんにゃくなども提供しされます。もちろんすべて化学調味料無添加。滋賀・大津の食材が持つ「本来の美味しさ」を愉しむことができます。

1300年前に築かれた大津京からの深い歴史をそこかしこに感じられる大津。滋賀県は、国宝・重要文化財の建造物ランキング全国3位。大津周辺には、比叡山延暦寺、三井寺、石山寺を筆頭に、日吉大社、近江神宮(映画「ちはやふる」のロケ地で、かるたで有名)、西教寺(明智家の墓がある)など、多くの歴史的資産が点在しています。

いよいよ明日から夏の“土用入り”。うなぎ茶漬けの朝食……気になりませんか。京都駅からもわずか2駅、9分というロケーションのよさ。関西旅行のデスティネーションとして、滋賀・大津を、あなたの心に保存!してみてください。

 

商店街HOTEL 講 大津百町
住所:滋賀県大津市中央1-2-6 近江屋(フロント棟)
棟数: 全7棟 ※うち5棟貸し切りタイプ、2棟に8室(1棟3室+1棟5室)
客室単価: 9900円〜(1室2名利用時の1名料金/税別・サービス料込み)
TEL:077-516-7475(10時〜21時)
URL: http://hotel-koo.com/

 

Close