Close
【秋田県・三種町】ビーチに広がる砂像のアート「サンドクラフト2018 in みたね」

【秋田県・三種町】ビーチに広がる砂像のアート「サンドクラフト2018 in みたね」

秋田県の沿岸北部 山本郡三種町にある、環境省認定“日本の快水浴場百選”のひとつ「釜谷浜(かまやはま)」。離岸堤のない自然のままの砂浜、北に世界遺産「白神山地」、南に国定公園「男鹿半島」を眺めることができ、夕陽の美しい“サンセットビーチ”としても知られています。そこに現れた、高さ3.0mの芸術的な砂像の彫刻たち。そうです、今年で22年目を迎える三種町最大のイベント「サンドクラフト2018 in みたね」の展示が、2018年7月28日(土)から始まるのです!

写真/「サンドクラフト2018 in みたね」Facebookページより

環境とアートによる「まちづくり」と、子どもたちに夢を与え郷土愛を育てることを目的に、“地域から愛される力強いイベント”として開催されているサンドクラフト。昨年に引き続き、今年も砂像の総合プロデュースを彫刻家 保坂俊彦さんが担当。2018年は”Sand zoo~砂の動物園”をテーマに36基の砂像が立ち並び、釜谷浜の会場全体が “砂の動物園” と化します。

「サンドクラフト in みたね」砂像プロデューサー 保坂俊彦さん。東京藝術大学 美術学部 彫刻科卒。日本に数少ないプロ砂像彫刻家の一人であり、砂では難しい人体や動物の表現力に優れている。秋田県能代市生まれ。母親が三種町出身だったことから学生時代にサンドクラフト in みたね(当時はサンドクラフト in 八竜)での砂像製作を手がけ、それをきっかけに彫刻家としての道を志す。
メインの特別砂像は保坂俊彦さん、周聖強(チョウ シェンチャンさん)、王松冠(ワン ソングァンさん)、
松木由子さん、高知県黒潮町砂像連盟(武政 登さんほか)が担当。 ※写真は昨年の保坂さんの作品です
イベント開催の2週間前、7月16日(月)から制作過程の見学も公開されている。日ごとに完成へと向かっていく砂像を観測するファンも多い。写真/「サンドクラフト2018 in みたね」Facebookページより

サンドクラフト2018 in みたね
開催日時:2018年7月28日(土)、29日(日)
砂像展示:2018年7月28日(土)~8月31日(金)
会場:秋田県山本郡三種町 釜谷浜海水浴場
テーマ:Sand Zoo~砂の動物園
URL:http://sand-mitane.com/

 

 

Close