Close
【愛媛】でタルトといえばコレ!「一六タルト栗づくし」刻み栗50%増量リニューアル

【愛媛】でタルトといえばコレ!「一六タルト栗づくし」刻み栗50%増量リニューアル

連日猛暑の日々ですが、来週には立秋。ちょっと早めに”秋の美味”をご紹介します。

ときに、愛媛で”タルト”といえばコレなんです。いや、コレはロールケーキじゃないんです。愛媛で知らないヒトはいない! 明治16年創業の老舗和菓子屋「一六本舗」。観光客にも大人気「一六タルト」の秋季限定商品「一六タルト栗づくし」が、刻み栗を50%増量リニューアルして2018年8月1日(水)より発売されました。

より一層、栗感を感じられるようになった「一六タルト栗づくし」。
「もっと栗の風味を味わいたい!」というお客さまの声に応え、刻み栗を従来品より50%増量。価格は据え置きというのも嬉しい。

「一六タルト栗づくし、ひと切れ一六タルト栗づくし」
価格:1本 1080円(11切れにスライス)、1個 140円、3個入 486円(すべて税込み)
販売期間:2018年8月1日(水)~11月30日(金)

 

■一六タルトについて

タルトは、江戸初期に久松家初代藩主・松平定行公がポルトガル人より教わったといわれています。長崎探題職を兼務していた定行公は、海上でのポルトガル船との交渉の折にポルトガルのお菓子を食し、その味を気に入り、製法を松山に持ち帰ったとされています。その南蛮菓子タルトはカステラの中にジャムが入ったもので、現在のような餡入りのタルトは定行公が独自に考案したものと思われます。その製法は後に久松家の家伝とされ、明治以降、松山の菓子司に技術が伝わり、四国の名菓となったのです。

「一六タルト」は、口当たりよくやわらかでキメ細やかなスポンジと、ほんのり上品な柚子風味の餡が特徴。スポンジに餡を巻く作業は創業時から変わらず、ひとつひとつ手作業で丁寧に巻き上げています。ふわふわのスポンジでやさしく餡を包んだ「一六タルト」。その上品な味わいをご堪能ください。
道後店・道後本館前店より道後温泉本館を望む

●お問い合わせ
一六タルト
URL:http://www.itm-gr.co.jp/ichiroku

Close