Close
【今週末〜来週の夏祭り】カレンダー/青森「青森ねぶた祭」宮城「仙台七夕まつり」京都「五条坂陶器まつり」高知「よさこい祭り」

【今週末〜来週の夏祭り】カレンダー/青森「青森ねぶた祭」宮城「仙台七夕まつり」京都「五条坂陶器まつり」高知「よさこい祭り」

慰霊や鎮魂といったしめやかさと、華やかさやエネルギーの爆発とが絶妙に混在する日本の夏祭り。全国で年間30万件はあるというお祭りから、お祭り評論家・山本哲也さんがオススメする夏祭りをピックアップしました。 ※祭りの日程は天気やその他の事情で前後することがあります。必ずホームページなどで事前にご確認ください。

■青森ねぶた祭(あおもりねぶたまつり)

「参加できる祭り」として数多くの祭りファンを生んできた青森ねぶた祭。「跳人(ハネト)」と呼ばれる踊り子たちが、芸術的な大型ねぶたとともに跳ね踊り、祭りを盛り上げる。運行ルート付近や市内デパートにて衣装を購入・レンタルすれば、観光客でも跳人になれるのが最大の魅力。8月6日の夜間運行が最も盛り上がるが、7日 最終日の海上運行もおすすめ。青森港をねぶたが船に乗せられ周遊する幻想的な様子を、1万1000発の花火とともに観覧することができる。

2018年8月2日(木)~7日(火)
青森県青森市
JR青森駅から徒歩10分
URL:www.nebuta.jp

@shoko.n_photograph さんのInstagram投稿より。 「いよいよ、ねぶた祭りがスタートしました。青森の短くてとびきり暑いじゃわめぐ夏をお届けします! ←じゃわめぐとは・・・津軽弁でわくわくする、ゾクゾクするの意味です」

 

■仙台七夕まつり(せんだいたなばたまつり)

藩祖伊達政宗公の時代からの伝統行事として受け継がれた祭り。日本古来の星祭りの優雅さと豪華絢爛な笹飾りで、全国的に有名になった。本来は旧暦7月7日の行事であったが、現代の季節感に合わせるため新暦に1か月を足した暦である中暦を使用。色鮮やかな七夕飾りで埋め尽くされた街を見に、毎年200万人以上が訪れる。

© 仙台七夕まつり協賛会

2018年8月6日(月)~8日(水)
宮城県仙台市
仙台市中心部及び地域商店街
URL:www.sendaitanabata.com/

 

■五条坂陶器まつり(ごじょうざかとうきまつり)

清水焼発祥の地“五条坂”一帯に、約400もの出店が集まる京都の夏の風物詩。大正9年から開催され、日頃正規品として売れない物を安売りした陶器市が起源。規模の大きさや人出の多さから、国内最大の陶器まつりになるまでに発展した。近年では、陶芸を目指す若者たちが五条坂南側歩道に多く出店しているので、以前と違った雰囲気も楽しめる。期間中は午前9時から午後10時頃まで開催しているので、思わぬ掘り出し物に出会えるかもしれない。

2018年8月7日(火)~10日(金)
京都府京都市五条通
京阪清水五条駅下車
URL:toukimaturi.gr.jp/

 

■よさこい祭り

踊り子が両手に持った鳴子を響かせながら踊る、南国高知の情熱的な祭り。メインは8月10、11日の本番日で、約200チーム1万8000人の踊り子たちが、午前11時から午後10時まで乱舞する。衣装、音楽、振付までチームごとに趣向を凝らし、大勢が一糸乱れず踊る姿は壮観。演奏者の“動く”舞台となる「地方車(じかたしゃ)」も祭りを盛り上げる。

© よさこい祭振興会

2018年8月9日(木)~12日(日)
高知県高知市の中央公園(高知市帯屋町1-11)やアーケード街など16か所のステージ
JR高知駅周辺
URL:www.cciweb.or.jp/kochi/yosakoiweb

 

監修=山本哲也(やまもと・てつや)
学生時代から全国200か所以上の祭り・イベントをめぐる。コンピュータ専門学校で情報処理教員を務める傍らお祭りの記事を執筆。編集プロダクション勤務、トラベルライターを経て、「お祭り評論家」に。テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、Webなどで活躍中。祭りの担い手目線・学者目線ではなく、一般参拝者・見物人の視点から、祭りの情報・楽しさ・奥深さなどを伝え続けている。 www.yamamototetsuya.com

文/清水千佳子 家庭画報国際版編集部 編集協力/POW-DER

※家庭画報 INTERNATIONAL Japan EDITION 2017年春/夏号の記事を再構成

Close