Close
ad-image
【熱海】の新名物「毒饅頭」が販売再開!! なぜ、こんなにも売れるのか!?

【熱海】の新名物「毒饅頭」が販売再開!! なぜ、こんなにも売れるのか!?

「熱海温泉 毒饅頭」は国内外約400のメディアに紹介され、瞬く間に1日あたり数百個が売れるようになった熱海の新名物です。正午に営業を始めて夕方までには売切れという状態が続き、発売からたった2週間で饅頭や桐箱の製造が追いつかず休業に至りました。ドクダミに由来する「毒饅頭」という、二度聞き、三度聞きしても呑みこみにくい名称。その名称からは想像できないほどギャップのある上質感。2018年9月15日(土)正午より販売を再開する「熱海温泉 毒饅頭」。なぜ、これほどまでに人々を惹きつけるのでしょうか。

■美味しさの秘密

「熱海温泉 毒饅頭」は、温泉地の定番的商品の”饅頭”ではありませんでした。食を愛する大人の方にも満足いただける味を追及したのです。いわゆる甘さを抑え、お口の中でフワっとほのかに感じる草の香り。そのドクダミの風味が特徴のひとつ。何度も試作を重ね、三ツ星を獲得した料理人やソムリエに味のチェックを依頼。おいしさのド真ん中を捉えたく、和・洋・中それぞれのジャンルに分けて、多くの関係者の協力を仰いだそう。生地に練り込んだ兵庫県産無農薬栽培のドクダミ、希少で高価な鹿児島県と宮崎県産の本葛、北海道産の小豆100%のこし餡など、国産の食材を最大限に活かしました。その結果、日本で初と言えるドクダミ入りの温泉饅頭は、販売開始から大きな反響を得たのです。

■箱の秘密

毒饅頭の桐箱は、三重県の匠が丁寧に仕上げた、世界にひとつしかない作品です。桐1本1本の個性が活かされ、桐箱ひとつひとつの木目柄となるため、同じ桐箱は世界に2つと存在しません。また、ほとんどの蓋は、別の桐箱に被せても綺麗にハマりません。フタとハコ、すべて唯一無二のパートナーが決まっているのです。滑らかな蓋には、武田双雲氏の書を力強く印字。この上ないバランスでつくられた、本当に美しい作品です。

■販売会社のこれから

熱海温泉 毒饅頭は、通信販売を行っていません。熱海の街を歩かないと、購入ができない作品なのです。街を歩けば新しいコンテンツが溢れていることに気がついてもらえます。そんな街の魅力創出・地方創生に寄与したいという思いから、伊豆半島合同会社は熱海の中心地に社を構ええたそう。今期内に、通信販売も行う拘り商品を4つ投入予定とのこと。

■そして、「毒饅頭」のこれから……

拘り続ける理由。それは、突き抜けた作品でなければ大人は振り向かないから。突き抜けることで、大人は認めてくれると語ります。構想10年、数年間の試作を経て誕生した熱海温泉 毒饅頭は、国産に拘り、本当のおいしさと、この上ない上質な質感を追求しました。ドクダミの饅頭、世界にひとつの桐箱、拘りを伝達する和紙、上質な紙袋、大吉だけの御神籤、インパクトある名称、そのひとつでも欠けると営業しないという販売方法など。すべての面で拘りを重ねた伊豆半島合同会社自信の作品なのです。

■新たな拘り追加
<営業の拘り>
・9月15日(土)以降は週2日間に増やして営業
・神出鬼没をやめて、次回営業日を営業終了時に告知
・売り切れが早いため、100個単位のまとめ買いはお断り
<内装工事の拘り>
・ブランドロゴである武田双雲氏の“書”が映えるよう、木目が美しい木材で黒い床に張り替え
・思い出の記念写真が撮れるよう“書”を市松壁面と一文字壁面に印字
・1周回り観光地に必要不可欠となった顔出しパネルもオリジナルバージョン設置
<制作物の拘り>
・熱海温泉 毒饅頭の拘りのポイントを共に感じていただきたく和紙に印字
・大吉だけの御神籤で大吉のバリエーション増加
・店舗位置をわかり易くするため葛城という綾織りの丈夫な生地でノボリを配置
・営業中が伝わるよう木彫り立て看板を準備

<作品概要>
品名: 熱海温泉 毒饅頭
原材料名: 小豆餡(赤生餡、ビートシュガー、カップリングシュガー)、小麦、
砂糖、どくだみ、卵白、葛粉、食用油脂/トレハロース、膨張剤、(一部に小麦、卵を含む)
内容量: 4個
賞味期限: 販売から7日間
保存方法: 直射日光・高温多湿を避けて保存
価格: 1389円税別(1,500円税込)
包装: 木箱、和紙、熱海の思い出
URL: http://dokumanju.com

Close