Close
ad-image
【HOW TO サウナキャンプ】はじめ方&おすすめフィールド3選

【HOW TO サウナキャンプ】はじめ方&おすすめフィールド3選

好きな場所にサウナを設置し、湖や川など天然の水風呂へダイブして楽しむ「サウナキャンプ」。前編でその魅力を知ったところで、具体的に挑戦するためのノウハウを引き続き「Sauna Camp.」の大西 洋さんに教えてもらいました。数年前からサウナキャンプの虜になっている大西さんですが、自身がサウナキャンプを始める際に情報収集をしようとしても、まとまっているサイトなどがなく苦労したことが、WEBマガジン「Sauna Camp.」を立ち上げた理由だったそう。

■サウナキャンプのはじめ方

サウナキャンプに最低限必要なグッズは以下のとおり。
・テントサウナ
・薪ストーブ
・薪
・サウナストーン
・耐熱グローブ
・スコップ
・バケツ
・ひしゃく
・一酸化炭素チェッカー
・ベンチ
・水着
・サンダル
・アロマ
・ヴィヒタ(白樺の枝の束)

肝心の「テントサウナ」を手に入れるためには、今のところ、国内の輸入代理店(http://mizujapan.com/)のサイトから購入するか、海外発送してくれるフィンランドなどのネットショップから個人輸入するかの2択。大西さんは個人で輸入したそうですが、8〜12万円くらいの予算(2017年5月時点)で購入できたといいます。

見た目は普通のテントに近いですが、耐火用の素材でできていること、通常のテントのようにグラウンドシートを敷かずに地面に直接テントを建てるところが特徴です。

「薪は現地で調達するんですか?」と質問すると、「薪が一番重要なんです!」と大西さん。焚き火などに使う薪ではなく、薪ストーブ用のカラカラに乾いた薪を使用しないと、テント内の温度がきちんと上昇しないそう。なお、テントの設営方法なども「Sauna Camp.」で紹介されています。

分解された薪ストーブ。意外とコンパクトにまとまるようです

■サウナキャンプにおすすめのフィールド3選

続いて、サウナキャンプをするのに適した場所を伺いました。現状、サウナキャンプを大々的にOKとしている場所はあまりなく、今後は大西さんたちが発掘して提携し、「Sauna Camp.」でも紹介していきたいと考えているそう。なお、大西さんたちが基準としているのは「焚き火がOK」で「遊泳がOK」な場所です

1. 両国橋キャンプ場@山梨県道志村

川の水質と深さがめちゃめちゃいいという道志川のキャンプ場。都心から車で1.5時間ほど、というアクセスのよさもおすすめポイント。 URL:http://yukawaya.a.la9.jp/

2. 玉川キャンプ村@山梨県小菅村

多摩川の源流でミネラルウォーターの採水地とあって、とにかく水がきれいなこちらのキャンプ場。サウナの後の水風呂の水質はやはり重要ですね。 URL:http://www8.plala.or.jp/tamacamp/

3. 西湖自由キャンプ場@山梨県河口湖町

西湖を一望できる贅沢な環境のキャンプ場。サウナの後に湖へダイブ!できる貴重なスポットです。 URL:https://www.nap-camp.com/yamanashi/11312/

■サウナキャンプを体感したいあなたへ

必要なグッズ、おすすめの場所がわかったところで、「さぁ、サウナキャンプをやってみるか!」という方はなかなかの強者ですよね。大西さんも「本当は僕らもテントサウナを買う前に、一度試してみたかったんですよね〜」と本音をポロリ。そんなサウナキャンプを体感してみたい方に朗報です!「Sauna Camp.」主催のイベントが今年も開催予定なのです。

2017年はおすすめフィールド①の両国橋キャンプ場で、30名ほどの小規模で初めて開催。繰り返しテントサウナに入ったり、ターザンロープで水温14℃の天然水風呂にダイブしたりと、みんな思い思いにサウナキャンプを体感しました。

そして第2回目の今年は規模を拡大して【10月13日(土)〜14日(日)@玉川キャンプ村】にて開催予定。2018年はモバイルサウナが計6台以上出現! フィンランド製のテントサウナに加えて、ロシア製のテントサウナ、手作りのサウナトラックまで。テントサウナ初心者はもちろん、経験者でどのテントを購入するか迷っている人にも比較ができる絶好のチャンスです。さらに、サウナキャンプで使えるサウナハットやタオル、Tシャツなどのオリジナルグッズの物販コーナー、「ウィスキング」が体験できるコーナーもあるようです。

テントサウナ、サウナキャンプのワードにうずうずしている方は今回のイベントに参加してみてはいかがでしょうか? とお伝えしたいところなのですが、実は予約開始半日で定員に達してしまいました! キャンセルが出た場合、追加の募集や当日券などが出るかもしれません。最新情報は「Sauna Camp.」のTwitter(@SaunaCamp)をご確認ください。自然と一体化する感覚を体感してみては!?

雪の中でもサウナキャンプをする「Sauna Camp.」のメンバーがお待ちしています

●Sauna Camp.
サウナから湖にダイブするためにあらゆる活動をするユニット。「アウトドア×サウナ」をテーマに、モバイルサウナのコンテンツを発信するWEBマガジンを運営している。テントサウナのノウハウ、キャンプレポートのほか、サウナ施設レビューやモバイルサウナのDIYプロジェクトも手がける。 URL:http://saunacamp.net/

写真/Kohei Soeda,Sauna Camp.

 

取材・文/長谷川浩史&梨紗(株式会社くらしさ)
広告出版社を退職後、世界一周の旅へ。海外で受け入れられている日本文化≒COOL JAPANと、日本が学ぶべき海外の文化≒BOOM JAPANを発信しながら40か国を巡る。その後、全国各地に根ざしたモノ・コト・ヒトを取材・発信する日本一周の旅へ。現在では、(株)くらしさを立ち上げ、日本各地の「らしさ」を伝え、繋いでいく活動に尽力している。
URL:http://kurashisa.co.jp/

Close