Close
ad-image
【宮城・仙台】「枡入り抹茶ティラミス」とコーヒーは、抜群のマリアージュだった!

【宮城・仙台】「枡入り抹茶ティラミス」とコーヒーは、抜群のマリアージュだった!

さながら仙台のブルックリン。晩翠通りの「SENDAI COFFEE STAND」

仙台駅や繁華街の喧騒から少し離れた、イチョウやエンジュの街路樹が立ち並ぶ晩翠(ばんすい)通りにある、ちょっと話題のコーヒー店「センダイコーヒースタンド」。“一杯のコーヒーが街を豊かにする”をコンセプトに、自転車での移動販売(現在も「本店」として出動しています!)からスタートしたセンダイコーヒースタンドには、仙台カルチャーを担うさまざまな人たちが集います。「好きなものを集めて、僕らなりのスタイルができあがっていきました」。スタッフ、観光客も交えた心地よいgood coffee timeは、自然とそこに集まる人々の交流へと繋がり、新たなカルチャーを発信しています。

店内の壁には、スタッフやお客さんが巡ってきた世界中のコーヒーショップのカードが。コーヒーが繋いだ縁、コーヒータイムという豊かな時間の積み重ねを感じさせます
センダイコーヒースタンドでは、世界中から厳選されたスペシャルティコーヒー豆のみを使用し、オーダーが入ってから一杯ずつ丁寧に淹れていきます。誰かの“ひといき”のために

グラスやカップなど食器類にも、センダイコーヒースタンドならではのこだわりが。アイスラテのグラスは、宮城県指定伝統的工芸品「玉虫塗」の技法を注ぎ込んだシリーズ「TOUCH CLASSIC」。ミルクの白×エスプレッソの茶色×玉虫塗の黒というグラデーションが混ざり合って涼しげです。「このグラスは薄さが際立っているので、ストローを使わずにグラスに直接口をつけて飲んでください、と提案しています」。センダイコーヒースタンドでは、アイスコーヒーにはTOUCH CLASSICのオールドグラスを使用しているそう。
パウンドケーキから始まったという、豊富なスイーツも人気です

映えるビジュアル!コーヒーとの相性抜群! 枡入り「抹茶ティラミス」

宮城県産の茶葉のほろ苦さ×マスカルポーネチーズの酸味。オリジナルブレンドのコーヒーと相性抜群です! 枡入りのプレゼンテーション「抹茶ティラミス」550円

●SENDAI COFFEE STAND
住所:宮城県仙台市青葉区国分町1-3-12 スキャンダルビル 1F
TEL:022-797-1015
営業時間:10時~19時
無休(不定休あり)
URL:http://coffee-stand.com/

 

撮影/久保田彩子 取材・文/レアニッポン編集部

 

Close