Close
ad-image
【新国立美術館】国民的風景画家「東山魁夷」の祈りを感じに六本木へ

【新国立美術館】国民的風景画家「東山魁夷」の祈りを感じに六本木へ

国民的風景画家と呼ばれた東山魁夷(ひがしやま かいい)。彼の生誕110年を記念した特別展が六本木の新国立美術館で開催中です。(2018年12月3日まで)

風景画は、キャンバスに描いた筆跡そのものを観る、風景にこめられた製作者の思いを感じる、描かれた風景の時代や場所を参照する、といった自分なりの愉しみ方を見つけやすい絵画だと思います。だからこそ、一点豪華主義でじっくり穴があくほど見つめるのではなく、それなりの点数を文字通り風景として眺め、心に残るものを愉しむ。それは、予習も先入観も抜きで画家と対峙し思いを感じ取る、フランクに自分の感性と向き合う愉悦です。

東京で東山魁夷の作品がこれほどまでに集められたのは、初めてのこと。
描くことを祈りだと捉え、太平洋戦争で家族も家も何もかも失った彼が風景にこめた思い、芽吹きと再生への祈りを、最先端の“なう”が凝縮された街、六本木で感じ取ってみませんか?

 

■生誕110年 東山魁夷展

国立新美術館 企画展示室2F
東京都港区六本木7-22-2
開催時間:10時~18時(毎週金・土曜は20時まで)
※毎週火曜日休館日
会期:2018年12月3日(月)まで
お問い合わせ:03-5777-8600
http://kaii2018.exhn.jp/

Close