Close
【京都・伊根】釣りアンバサダー、日本で最も美しい「舟屋」に感動

【京都・伊根】釣りアンバサダー、日本で最も美しい「舟屋」に感動

京都の海に浮かぶ幻の町“伊根”。日本で最も美しい「舟屋」の景観に感動

日本中の海を飛び回る仕事をしている私が、2年越しでずっと憧れていた場所があります。

それは京都の北に位置する「伊根」。

海のイメージが薄く市街地ばかりが注目される京都ですが、実は日本で最多(その数230以上!)の「舟屋」が現存する場所があり、「日本で最も美しい村」にも認定されています。

その風景はどこをとっても絵になりすぎる美しさ。歴史と情緒ある舟屋が海上に立ち並ぶ様は、とても幻想的。映画かジブリの世界にでも迷い込んだような気持ちになります。舟屋は群で見るのはもちろん、1軒に向き合うのも趣があって素敵です。

船と漁業に使うさまざまな道具
外に出ると横にずらっと舟屋が

「船置き場」「作業場」「物置」など漁業者の仕事場として建てられた舟屋は、海から舟屋へ直接船を引き揚げられるよう海上につくられ、1階の床は傾斜してそのまま海へ繋がっています。2階は物置や、一部生活の場として使われているそうです。

たまたま覗かせていただいたこちらの舟屋では海との出入り口に、自宅で食べるためのイカが干されていました。伊根ではこれが日常のこと。そんな自然な光景に、無性に愛おしさや歴史へのリスペクトが湧いてきます。

左側が母屋、右側が舟屋

居住空間は母屋として別にあり、大抵は道路を挟んで山側に母屋、海側に舟屋がセットで立っているそうです。現在は舟屋側をリノベーションして、宿やカフェなど新たな使い方をする方も出てきました。

鍵屋を営むご夫妻と

せっかくなので1日1組限定の舟屋宿「鍵屋(カギヤ)」さんへ泊まります。

建物の骨組みはそのままに、中をモダンに生まれ変わらせた鍵屋さん。もともと船を格納していた1階は開放的なリビングになり、食事やお茶を楽しめます。

ドアを開けると海

海に向かった壁はほとんどがガラス張りになっていて、建物内から海を見渡すことができます。ドアを開けると舟屋だった当時の名残で海が入り込み、夜にはウニや小魚がこの小さな湾に遊びにきていました。

2階は景色のいい和モダンな客室で、ゆったりした時間を過ごすことができました。

舟屋の横に船が係留されている
綱渡りのように船へ

ここで、舟屋宿のなかでも私が“鍵屋さんを選んだ理由”を。それは海に面した地形を活かして、舟屋のすぐ横から「釣り船を出してくれる」こと。

まずは軽く伊根の海を遊覧。映画などでも撮影されたという絶景を海上から楽しみます。

ご主人と一緒に釣り

その後は15分ほど船を走らせ、自然に癒やされながら釣りタイム。鍵屋さんでは竿などすべての道具をレンタルすることができ、レクチャーやサポートもお願いできます。だから初心者さんも安心して釣りにチャレンジできるのです。

この日は小さめの鰆(サワラ)やイカ、ハタなどを釣ることができました。

釣れた魚は食事や晩酌時にご主人自ら捌いてくださいます。このときはイカをお刺し身と湯引きで出していただきました。

翌日、鍵屋さんをチェックアウトした後は近所をお散歩。見飽きることのない唯一無二の景観に、心が洗われるようです。

途中で創業宝暦4年という老舗の造り酒屋「向井酒造」さんに立ち寄ります。

女性が杜氏を務めるこの酒蔵も、伊根らしく海上に立っています。作業場の奥を覗くと海にせり出した休憩スペースがあり、前日から見慣れた海の景色。蔵のスタッフと近所の方などが集まって、海の上で宴会をするそうです。

私たちよそ者からすると、驚きと感動ばかりの伊根の町並み。しかしそこに住む人々には、ごく自然に海が溶け込んでいました。

日本にはこんな素敵な、でもあまり知られていない地域がたくさんあるはず。まだ見ぬ海辺を思って、これからの旅がより楽しみになりました。

※明日は、京の伝統漁「伊根のもんどり漁」に挑戦します!

撮影・取材・文/中川めぐみ
釣りアンバサダー 兼 ツッテ編集長。釣りを通して感じられる日本全国の地域の魅力(食、景観、人、文化など)を発見・発信するため、メディア「ツッテ」の運営や、初心者向けの釣りイベントを実施。自ら全国の港を飛び回っており、2018年は100地域での釣り旅を計画。レアニッポンでは全国の港町で見つけた地域や海にまつわるおもしろいものをお伝えしていきます。https://tsutte.jp

Close