Close
ad-image
【新潟・三条】「TREE」地元を楽しむグランピングカフェ

【新潟・三条】「TREE」地元を楽しむグランピングカフェ

新潟県のほぼ中央に位置する三条市。隣接する燕市と同じく金属加工産業で栄え、燕三条地域は世界に誇る技術をもちます。そんな三条市の「一ノ木戸商店街」に2017年4月、若者たちによってある施設がオープンしました。

ヒトと笑顔が集まる、宿り木のような場所

昭和初期に建てられた古民家をリノベーションした「TREE」は、“やってみたいをカタチに”をコンセプトにしたお店。Wi-Fiや電源を完備したカフェスペース、広々とした和室、燕三条の商品などを取り揃えたショップスペース、TREEの一番の見どころであるキャンプスペースからなります。

昔ながらの町屋作りの入り口を入ってすぐにあるのはカフェスペース。ここにはカウンターとテーブル席があります。電源のある席もあるのでデスクワークをしたり、ゆっくり読書を楽しんだりできます。

少し奥に進むと和室が2部屋。三条の昔ながらの雰囲気を味わえる空間で、お茶をしたり、打ち合わせや仕事をしたりと、ゆったりとした時間を過ごすことができます(予約制・利用料なし)。

カフェスペースからキャンプスペースへと向かう、町屋作りの長い廊下
8畳の和室が2部屋。予約すれば2部屋を繋げることも可能です

和室の奥には三条市の若手庭師が手がけた中庭もあり、窓を開けて庭を眺めながらくつろぐのもオススメの過ごし方です。また、和室の隣には燕三条で作られた商品や、三条で開催される大きな露店市「三条マルシェ」で活躍しているクリエーターの作品などが多く並んだショップスペースも。

そして、一番奥にあるのが食事のできるキャンプスペースです。元々、手前の建物とは別の建物で、大正初期のレンガ作りで作られたお風呂屋さんだったといいます。

キャンプスペースには、スタッフの出身地でもある三条の旧下田村地域にある日本有数のキャンプメーカー「スノーピーク」のテーブルやいすなどが並んでいます。スペースの真ん中にはテントが。ここは子どもたちにも大人気のスペース!

TREEのカフェでは、同じ商店街にあるお茶屋さんから仕入れたコーヒー豆を使ったコーヒーや、老舗お菓子屋さんから仕入れたスイーツを提供しています。ランチには、地元の素材にこだわったオリジナルのハンバーガーを。パン、肉、野菜をそれぞれ三条の目利きの職人さんから仕入れているそう。このハンバーガーのために何度も進化しているパン、塩胡椒だけで味付けされたパティ、シャキシャキした新鮮な野菜……。大きく口をあけて頬張らないとイケないボリューム感! 食べ応え抜群、まさに三条の魅力をぎゅっと詰め込んだ自慢のハンバーガーです。

TREEバーガー750円、ホットコーヒー300円(ともに税込み)

●TREE
住所:新潟県三条市仲之町2-15
電話:0256-55-1162
営業時間:カフェスペース:11時〜23時 ランチ:11時〜14時 ディナー:18時〜23時
URL:http://tree-sanjo.com

>>彼らがTREEで表現したかった「田舎カッコいい」って??

取材・文/斎藤 恵
フリーカメラマン
photo creation pupa 代表
1987年新潟県三条市出身。2009年北里大学保健衛生専門学院を卒業後、臨床検査技師として地元である三条市の産婦人科クリニックに勤務。6年半の勤務経験を経て2015年に退社するのを機にフリーカメラマンに転向。2016年photo creation pupa設立。新潟県の燕三条エリアを中心に商品・人物撮影、イベント撮影、動画撮影などをメインに活動。

 

 

 

Close