Close
【知多半島道路PA】「愛知多の種」は食のワンダーランドだった!

【知多半島道路PA】「愛知多の種」は食のワンダーランドだった!

2018年7月にリニューアルオープンした、知多半島道路のパーキングエリア「愛知多の種」。地域の【種(ひと・もの・こと)】を育み、次世代へと【果実】としてつなぐパーキングエリアを目指してリニューアルした”華の種(大府パーキングエリア)”と”大地の種(阿久比パーキングエリア)”を訪ねました。

大府パーキングエリア(上り) 華の種。隈 研吾さんによるデザインは、”おおらかな木のひさし”がコンセプト

名古屋市の南部に延びる知多半島は、西は伊勢湾、東は三河湾に挟まれ、南には太平洋を望む温暖な気候の半島です。古くから海運業が盛んな地域であり、江戸と上方(現在の東京、大阪)を結ぶ物流の一大拠点でした。海産物・農産物・畜産品・調味料など”食材の宝庫”であり、常滑焼や瓦などの焼きものや木綿など”モノづくりの郷”でもある知多半島。パティシエ・辻口博啓さん、イタリア料理シェフ・奥田政行さん、日本料理人・笠原将弘さんの3人が訪ねた知多半島の産地や生産者たち。その出合いが、「愛知多の種」での料理やメニューとして表現されています。

■大府パーキングエリア(上り)  華の種

(営業時間:8時~20時)

お客さまを迎え、憩いの場としての役割を果たす大きな木のひさしが印象的

パティシエ辻口博啓さんが手がけるベーカリー「マリアージュ ドゥ ファリーヌ」。店内の石臼で知多産小麦をひいて使用するなど、国産小麦にこだわって焼き上げたパンが人気です(営業時間:8時~18時)。

随時数十種類のパンが並びます。「知多ランチ」880円(税込み)も人気
左/「西尾茶メロンパン」180円 右/「知多牛入りカレーパン」300円(ともに税込み)
「オリジナルクラフトコーヒー 」420円(税込み)

日本料理人・笠原将弘さんが手がける和食「笠庵」賛否両論。パーキングエリアらしい、家族が楽しめる食事をモットーとしつつ、本格的な日本料理の世界を感じることができます(営業時間:11時~20時)。

「知多和牛牛重」1800円、「笠原オリジナルすだちそば」1200円(ともに税込み)などが人気メニュー
「笠原特製鯛茶漬け」1300円(税込み)
1膳目は鯛の食感とゴマダレの風味を楽しんで
2膳目は薬味を加え、鯛ダシを注いで鯛茶漬けで!

ギフトショップでは、辻口、奥田、笠原の3シェフが知多半島各地の名品や特産品を生かして共同開発した、ここでしか手に入らないコラボレーション商品が多数そろっています。

「たまねぎのラズベリー漬け」やまや×辻口博啓
「飲む果実のお酢 笠原ブレンド」三井酢店 ×笠原将弘
むむ……あれは!?
半田市「ISSEIDO」の「せいくらべ®」には、ここを訪れたヒトたちの身長マーキングが!
3シェフの皆さんも、せいくらべ~したようです(笑)

■阿久比パーキングエリア(下り) 大地の種

(営業時間:7時~19時)

イタリア料理シェフ・奥田政行さんが手がける「チッタ デ イタリア」。知多半島の旬の食材を使用した、季節の窯焼きピッツァやパスタがいただけます(営業時間:10時~19時)。

「キノコとモッツァレラのピッツァ」1500円(税込み)
「しらすのペペロンチーノ」1000円(税込み)
「チョリソーと青唐辛子のピッツァ」1300円(税込み)

軽食・おにぎり「笠庵」賛否両論は、日本料理人・笠原将弘さんのおにぎり屋。地元知多のお米や具材、握り方にまでこだわったおにぎりを提供しています(営業時間:7時~19時)。

左/「知多和牛しぐれ煮」420円 右/「鶏味噌」280円(ともに税込み)
3シェフ、ここにもいました(笑)

●愛知多の種
URL:https://aichita.com/

撮影/武蔵俊介 取材・文/レアニッポン編集部

Close