Close
【愛媛・松山】「無印」家具をつくり続ける、IDÉE出身の家具職人

【愛媛・松山】「無印」家具をつくり続ける、IDÉE出身の家具職人

東京IDÉEを経て、地元で家具店に。「Tower」の、無印なモノづくり

瀬戸内海沿岸の、愛媛県松山市の土手内エリアにあるオーダー家具店「Tower」。Towerが生み出す家具は、シンプルななかにも温かみや独自のセンスに溢れています。オーナーは、東京の人気インテリアショップ「IDÉE」で修行した家具職人・室 愛彦(むろ あいひこ)さん。

「視界が遠くまで見渡せる環境で仕事ができるのは気持ちがいいです」と話す室さん
白い箱型が特徴的なTowerの外観。1、2階が作業場で、最も眺めがいい3階がギャラリー&カフェスペース

会社員から家具職人をめざす、必然

室さんは広島の英語専門学校を卒業後、愛媛に戻り、自動車会社のディーラーに。「会社勤めは向いていなかった」という室さん。1年で退社、家業のイス張替え工場で働き始めます。「特別楽しかったわけではありません」と振り返るものの、幼い頃から目に焼き付けてきた光景は、意識の奥深いところで作用するもの。本気のモノづくりへとベクトルが向くのは時間の問題でした。

「当時はインターネットがまだ普及していなくて、本屋さんに行ってはインテリア雑誌を見ていました。地元では見たこともないデザインで、しかも日本の職人がつくっているすごいブランドがあるのだと衝撃を受けました」。それが、東京のIDÉE。胸の内には収まりきれない情熱を、手紙にしたためます。履歴書を添えた郵便物の宛先は、もちろん「IDÉE」本社。地方でくすぶる若者の情熱と、イスの張替えという職歴にすばやく反応したIDÉEの社長は室さんに電話をかけ、採用を決めました。

各地から集まった若者たちが、喜々として深夜まで家具づくりに励んでいたIDÉE。自由のなかに、責任がある。そんな環境で、室さんは倉庫番からスタートします。やがて、企画開発のサポートを担い、海外の有名デザイナーの絵を図面に起こしたり、試作室のソファのシートを貼り直したり。3年間で培ったノウハウや信念を持って、東京で独立を果たしました。

Towerのなかでも人気が高いソファ。ずっと使っていても飽きがこないデザイン

独立してシンプルなデザインになる

その後、自身のペースを大切に家具づくりがしたいと愛媛へ戻り、2004年、ロケーションが気に入ったという北条・土手内に「Tower」を開きました。

一番眺めのいい最上階の3階は、家具のギャラリーとカフェスペースに。「わざわざ来ていただいたお客さんに、美しい北条の海を眺めながらゆったり過ごしてほしいと願ってつくりました」と室さん。

土・日曜はドリップコーヒーを200円(税込み)でいただくことができます

Towerの名前の由来は、まさに室さんの人柄を表しています。「マイペースな人間なので、少しずつ積み上がっていくイメージで名づけました。自分の作品を振り返ると下手だったなと思うし、そう思った3年後に当時のものを見ると、やっぱり下手だったなって感じます。日々繰り返していくと、自然とうまくなっているものなんですね」

ソファで使用する生地にミシンをかける室さん。折り目と折り目の間の直線に沿って、ぶれることなくまっすぐ縫う。ここまでこだわるソファ職人はめずらしい

余計なデザインを削ぎ落としたTowerの家具。その理由とは? 「パッと目につく家具は、使い勝手が二の次になっていることが多くて、時間が経つといらなくなってしまいがちです。独立してから、使い勝手を第一に、何年経っても飽きがこないモノをつくりたいと思うようになり、どんどんシンプルになっていきました」

長時間座っても疲れないよう、背もたれの形や硬さなどに工夫を凝らす。 価格帯は高めですが、手仕事で丁寧につくられる商品としては控えめ。「Towerの家具は、高いも安いもないんですよ。材料に工賃を足しているだけですから」

「無印」に込められた職人の矜持

そんなTowerの家具には、「Tower」の文字はどこにもありません。ここにも室さんの職人としてのプライドが。「よく言われるんですよ、タグを付けたらって。でも、そんな主張をせずに、Towerの家具かなと思われたら最高じゃないですか。これ、室さんのところのじゃないの?って言われると、すごく嬉しいです」。愛媛には、Towerの家具でそろえた店舗がいくつもあります。Towerの家具はハイセンスな空間になじみながらも、作り手の顔が浮かんできます。

「この海が好きなんです」と語る、北条の海を背景に。遠浅の海で、夕陽が美しい

お客さま、素材、家具そのものが発する声を真摯に受け止めてきた室さん。たくさんの声に耳を傾け、それに応えてきたTowerの家具は、これからも”暮らしに寄り添う家具”として選ばれていくことでしょう。

室さんの気遣いが伝わる、3階ギャラリー前の看板

●Tower
住所:愛媛県松山市土手内184-25
営業時間:13時~17時(土・日曜は19時まで)
定休:火曜、祝日
URL:http://tower-furniture.com/

撮影・取材・文/ハタノエリ
愛媛県松山市在住のライター、エディター、コピーライター。新聞記者を経てフリーに転身。現在、全国誌など多メディアで、地域のモノ・コトを広く伝えることをメインに編集・執筆。「襟巻編集室」を立ちあげ、本づくりもしている。

Close