Close
【JAM HOME MADE×印傳屋】山梨県の形を印傳で表現した新作

【JAM HOME MADE×印傳屋】山梨県の形を印傳で表現した新作

常に新しいユニセックスジュエリー、アクセサリーを提案する「JAM HOME MADE」が、印伝技法の老舗「印傳屋・上原勇七」とのコラボレーションシリーズの新作を2019年1月12日(土)発売します。

甲州(山梨)に400年以上伝わる伝統革工芸、印伝。ジャム・セッションによる印伝技法の老舗「印傳屋」とのコラボレーション商品は、シーズン毎にバリエーションを増やしているJAM HOME MADEの中でも人気のシリーズ。今回は、これまでのコラボレーションで誕生したオリジナルの4つの柄をパッチワーク風に配置したカモフラージュ柄が登場。パターンの一部には、印伝発祥の地へのリスペクトを込めて、“山梨県”の形状がモチーフとなったさりげない遊び心が! シンプルながら十分な容量を誇る、「印傳屋」でも大人気のお財布3種類と、ちょっとした携帯品を入れるのに便利な”合切袋”が加わった計4型がラインアップです。

「× 印傳屋 GASSAI BUKURO」(サイズ:H265×W190×D15㎜) 2万7000円(本体価格)
「× 印傳屋 GAMASATSU」(サイズ:H95×W125×D30㎜) 2万5000円(本体価格)

■印傳屋とは
「印伝」とは、甲州(山梨)に400年以上も伝わる革工芸で、「印傳屋」は1582年に創業した「印伝」の老舗。江戸時代、遠祖の上原勇七が鹿革に漆で模様をつける独自の技法を創案。ここに甲州印伝がはじまったといわれています。1987年には、甲州印伝は経済産業大臣指定伝統的工芸品に認定。印伝の伝統技は、生活を彩る実用美として、希少な革工芸の文化を伝える担い手となっています。

■JAM HOME MADE×「印傳屋」
「印傳屋」のウォレットをベースに、JAM HOME MADEのウォレットのアイデンティティであるハトメパーツを配した「印傳屋」とのJAM SESSIONシリーズ。“伝統”と“革新”が融合した新しい価値を提案し、数あるコラボ商品のなかでも、最も多くのファンを持つシリーズのひとつ。

●JAM HOME MADE ウェブサイト
URL:http://www.jamhomemade.com

Close