Close
ad-image
【中国&四国地方9県】定番の「絶景スポット」まとめました

【中国&四国地方9県】定番の「絶景スポット」まとめました

広島県、鳥取県、島根県、岡山県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県の9県、およびせとうち観光推進機構、山陰インバウンド機構、四国ツーリズム創造機構の3DMOが連携してスタートした「中国・四国9県連携復興プロモーション」より、各県が誇る「定番の絶景スポット」をご紹介。中国・四国地方の観光は、1県だけではもったいない! そんなキラーコンテンツ揃いです。

広島県 定番の絶景スポット:嚴島神社
日本で唯一、潮の満ち引きのある場所に建つ寝殿造りの社殿群と大鳥居からなる「嚴島神社」は、1996年に世界遺産へ登録されました。御本社を中心とする左右の廻廊でつながる客神社、天神社、能舞台などが、背景に広がる自然と調和。その華やかで神秘的な建築美は、訪れる人々を魅了しています
岡山県 定番の絶景スポット:備中松山城の雲海
天守が残る日本で唯一の山城で、江戸時代から残る現存天守12城のひとつ。山城の周辺は、高さ10m以上の巨大な岩壁がそびえ、”難攻不落の名城”の面影が残っています。最近は“雲海に浮かぶ天空の山城”として人気の撮影スポットとなっており、早朝から多くのファンが訪れています
鳥取県 定番の絶景スポット:鳥取砂丘
四季に応じて、また昼夜で、砂丘は刻々とその姿を変えてゆきます。東西16km、南北2km、雄大な起伏が続く日本最大級の海岸砂丘。数万年にもわたる海と風の作用によって造られた巨大な砂の丘は、国指定の天然記念物です
島根県 定番の絶景スポット:国賀海岸
海岸沿いに約7kmに渡って続く断崖絶壁で、隠岐を代表するダイナミックな景勝地。「通天橋」や「摩天崖」などの大断崖や奇岩が随所に見られ、迫力ある景観と大自然の造形美に圧倒されます
山口県 定番の絶景スポット:元乃隅神社
昭和30年に地域の網元であった岡村 斉(おかむらひとし)さんの枕元に白狐が現れ、「これまで漁をしてこられたのは誰のおかげか」と過去からの関わりを詳細に述べた後、「吾をこの地に鎮祭せよ」というお告げがあったことにより建てられた神社です。商売繁盛、大漁、海上安全は元より、良縁、子宝、開運厄除、福徳円満、交通安全、学業成就、願望成就の大神でもあります。神社敷地内にある高さ約6mの大鳥居の上部には賽銭箱が設置されており、見事、賽銭を投げ入れることができたら願い事が叶うといわれています
愛媛県 定番の絶景スポット:JR下灘駅
眼下の国道378号線「夕焼けこやけライン」が整備されるまで、日本で一番海に近い”絶景”を楽しめる無人駅でした。現在でも、多くの鉄道ファンの間では説明不要なほど有名な駅で、ホームに広がる美しい景観から、これまでに数々の映画やドラマに登場してきました
香川県 定番の絶景スポット:小豆島オリーブ公園
オリーブの故郷・ギリシャをイメージしたオリーブとハーブがいっぱいの魅力スポット。魔法のほうきにまたがって、誰でも「魔女の宅急便」のキキになれるSNS映えスポットとしても人気
徳島県 定番の絶景スポット:鳴門の渦潮
世界三大潮流の一つ。観潮船から間近で眺めると、まさに圧巻の迫力!
高知県 定番の絶景スポット:柏島
船が宙に浮いて見えるほど、抜群の透明度を誇る。シュノーケリングやダイビングスポットとしても人気

■中国・四国9県連携復興プロモーション

2018年7月に発生した西日本豪雨の影響により、直接的な被害のなかった観光地も含め、いわゆる風評被害によって観光客が大きく減少、その後も観光需要が回復していない状況が続く中国・四国地方。そしてついに広島県、鳥取県、島根県、岡山県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県の9県、およびせとうち観光推進機構、山陰インバウンド機構、四国ツーリズム創造機構の3DMOが連携し、”元気です! 中・四国”をキャッチフレーズに「中国・四国9県連携復興プロモーション」がスタート。各県が誇る観光コンテンツについても、#中国・四国 冬のベストナイン として発表されています。

●中国・四国 冬のベストナイン
URL:genki-chushikoku.jp

Close