Close
ad-image
【釣りアンバサダー】中川めぐみさん「釣って、食べて、旅をして」

【釣りアンバサダー】中川めぐみさん「釣って、食べて、旅をして」

釣りアンバサダー 中川めぐみさんの「釣りバサ日誌」

釣りアンバサダー 兼 ツッテ編集長 中川めぐみさん。自ら全国の港を飛び回り、釣りを通して感じられる日本全国の地域の魅力(食、景観、人、文化など)を発見・発信するため、メディア「ツッテ」の運営や、初心者向けの釣りイベントを実施しています。レアニッポンでは、全国の港町で見つけた”地域や海にまつわるおもしろいモノ・コト”をお伝えしています。題して、釣りアン”バサ”ダーによる「釣りバサ日誌」。そのダイアリーをまとめてご紹介します。「ツッテ」URL:https://tsutte.jp

~2018年12月28日~

■【岩手・陸前高田】釣りアンバサダーが育てている「海中熟成酒」知ってる?

全国の海を飛び回り、魚を中心にさまざまな海産物を獲ってきた釣りアンバサダー。そんな私が、ある海で「育てている」ものがあります。それは“お酒”。 >>続きを読む

~2018年12月27日~

■【福岡・北九州編】釣りアンバサダーおすすめ「釣った魚を○○と換えてくれる店」

福岡県 北九州市「釣った魚を【お金とドヤ】に換えてくれる店」。潮の流れが速く豊富な魚にめぐまれた関門海峡一帯は、北九州の港からすぐの場所でも大物が釣れると人気です。そんな北九州を中心に4店舗をかまえるのが「廻転寿司平四郎」さん。 >>続きを読む

~2018年12月26日~

■【香川・高松編】釣りアンバサダーおすすめ「釣った魚を○○と換えてくれる店」

香川県 高松市「釣った魚を【料理】に換えてくれる店」。豊かな海資源を誇る瀬戸内海。そんな海に面した高松駅から車で約20分の距離にあるのが、居酒屋「番家」さんです。 >>続きを読む

~2018年12月25日~

■【金沢八景編】釣りアンバサダーおすすめ「釣った魚を○○と換えてくれる店」

神奈川・金沢八景「釣った魚を【お酒】に換えてくれる店」。品川駅から京急線で約50分の金沢八景駅は、釣り天国。数十もの釣り船屋があり、初心者さんに優しく釣らせてくれる船がたくさんあります。 >>続きを読む

~2018年11月26日~

■【北九州市】「釣りいこか」釣りアンバサダー、釣りのユートピアに感動!

大海原で大きな魚を釣って、舟盛りなんかで食べられたら最高だろうな〜。バラエティやグルメ番組を見て、自分もそんな体験をしてみたい……!と思ったことはありませんか? そんな方にぴったりな、釣りのユートピアが2018年6月、福岡の北九州に誕生しました。その名は「北九州釣りいこか倶楽部」。 >>続きを読む

~2018年11月17日~

■【京都・伊根】「もんどり漁」釣りアンバサダー、京の海の伝統漁に挑む!

今日のおかずは何にしよう。日本中が献立を思い浮かべながらスーパーへ向かう頃、京都の北に位置する舟屋の町「伊根」では、住人が自宅の軒先へ向かいます。伊根では住人の多くが居住空間である「母屋」の他に、船や道具を保管し、作業を行う「舟屋」という建物をかまえています。 >>続きを読む

~2018年11月16日~

■【京都・伊根】釣りアンバサダー、日本で最も美しい「舟屋」に感動

日本中の海を飛び回る仕事をしている私が、2年越しでずっと憧れていた場所があります。それは京都の北に位置する「伊根」。海のイメージが薄く市街地ばかりが注目される京都ですが、実は日本で最多(その数230以上!)の「舟屋」が現存する場所があり、「日本で最も美しい村」にも認定されています。 >>続きを読む

~2018年9月27日~

■【北海道・青森・大阪】ご当地「釣れる旨い店」を、釣りアンバサダーが巡る

釣りといえば海や川を思い浮かべると思いますが、もっと身近に釣りができる場所があることをご存じですか? それは「飲食店」。関東では「ざうお」という店内に巨大な水槽と船をセットした“釣り船茶屋”が人気で、ドラマのロケ地などでも使われています。しかし全国には、ご当地ならではの“地域の魅力”を盛り込んだ釣れる飲食店があるのです。 >>続きを読む

~2018年9月22日~

■【岩手】釣りアンバサダー、世界でひとつだけの「うに牧場」に出会う

2018年8月、青森の釣り旅の合間に立ち寄った場所があります。それは岩手県の洋野町にある「うに牧場」。牧場といえば牛のイメージですが、“うに”の牧場とはいったい? 疑問を胸に洋野町の海岸へ向かいました。 >>続きを読む

~2018年9月16日~

■【島根・知夫里島】釣りアンバサダー「牛とタヌキとイルカの島」へ上陸

島根県の本土から大型フェリーで約2時間。隠岐諸島のなかでも聞き慣れない「知夫里島」へ。訪れたのは、7月の中旬でした。そもそも「知夫里」を読めなかった私。正解は“ちぶり”です。 >>続きを読む

~2018年9月14日~

■【富山・五箇山】釣りアンバサダー「日本昔ばなし」の世界を旅する

富山湾は「天然のイケス」と呼ばれ、日本海に生息する800種の魚介のうち、なんと500種が獲れるそう。その理由は、沿岸から沖に向けて一気に水深が深くなる独特の地形に。まさに「イケス」のようにぽっかり開いた巨大な穴のなかに多数の隆起があり、魚介類の格好の住処となっているのです。 >>続きを読む

~2018年9月11日~

■【青森・八戸】「館鼻岸壁朝市」深夜に現れる、蜃気楼のような巨大市場

2018年8月のとある土曜、時刻は夕方5時過ぎ。訪れたのは青森県八戸にある館鼻岸壁という港。イカ漁の船が出入りし、地元の釣り人がぽつぽつと糸を垂らしている、いわゆる普通の港です。しかしこの港には、「毎週日曜の深夜(早朝)から朝にかけて、まるで蜃気楼のように巨大な市場が出現して消えていく。」という普通でない噂が。 >>続きを読む

~2018年6月19日~

■銀鮭で世界基準を目指す!宮城県女川町「銀鮭の孫」日本初のチャレンジ

美味しそうなサーモンのお刺身、そう思いましたか? 実はこちらは「銀鮭」という鮭のお刺身。一般的にお刺身のイメージがない鮭ですが、この「銀王」というブランド銀鮭は、生のまま安全においしく食べられます。そもそも混同されることの多い鮭とサーモン。この2つは同じ魚ではありません。 >>続きを読む

~2018年6月18日~

■日本で初めて銀鮭の養殖を事業化した、宮城県女川町「銀鮭の父」

早朝4時過ぎ。ここは宮城県女川町の漁港から船で5分ほどの海上。男たちが大量の魚を、海上の生け簀から船のタンクへと放り込んでいきます。飛び交っている魚は「銀鮭」。そしてこの養殖場を管理しているのが、「銀鮭の父」と呼ばれる人物です。 >>続きを読む

~2018年6月12日~

■アーバンリサーチがなぜ?「カッコいい漁師ウェア」に漁師以外も注目

あのファッションブランド「アーバンリサーチ」が、漁師ウェアをつくっているのをご存じですか? アーバンリサーチは、日本各地の良品を地域と連携して表現する「JAPAN MADE PROJECT」という活動を2014年から推進。伝統技術や素材を活かしてさまざまな製品を生み出し、販売しています。 >>続きを読む

~2018年6月6日~

■宮城県石巻「日本一カッコいい変態神経〆師」と【食す】

「数」が勝敗を決める日本の漁業を、「質」を重視する世界へ変えるべく、漁業界のゲームチェンジに真っ向から取り組む仲買人「大森 圭」さんの方程式と変態ぶりに迫る連載です。Vol. 4では「食す」についてお伝えします。~食す~「作業場で答え合わせはできない」 >>続きを読む

~2018年5月31日~

■宮城県石巻「日本一カッコいい変態神経〆師」が【届ける】

「数」が勝敗を決める日本の漁業を、「質」を重視する世界へ変えるべく、漁業界のゲームチェンジに真っ向から取り組む仲買人「大森 圭」さんの方程式と変態ぶりに迫る連載です。Vol. 3では「届ける」についてお伝えします。~届ける~「生の尾頭にかぶりついてこそ、届けられるものがある」「魚屋が届けるべきは“魚だけ”ではない」 >>続きを読む

~2018年5月28日~

■日本一カッコいい変態。宮城県石巻「神経〆師」の【お手当て】

「数」が勝敗を決める日本の漁業を、「質」を重視する世界へ変えるべく、漁業界のゲームチェンジに真っ向から取り組む仲買人「大森 圭」さんの方程式と変態ぶりに迫る連載です。Vol. 2では「神経〆」についてお伝えします。~神経〆~「それは魚1匹1匹に向き合う“お手当て”」 >>続きを読む

~2018年5月24日~

■日本一カッコいい変態。宮城県石巻「神経〆師」の目利き

私(筆者)が尊敬してやまない、1人の男性が宮城県の石巻にいます。日本中の港を回ることを仕事とする私ですが、ここまで魚“1匹ずつ”に向かい合い、そのポテンシャルを引き出そうと奮闘する人を、他に知りません。私は敬意を込めて彼をこう表現します。「日本一カッコいい変態神経〆師」 >>続きを読む

~2018年5月21日~

■大漁旗から生まれたお洒落な小物たち。宮城県石巻「FUNADE」~グレーな地域をカラフルに染めて~

一瞬で目を引く、色とりどりの小物たち。東日本大震災をキッカケに宮城県石巻へ移住し、“大漁旗”を素材にしたオリジナルブランド「FUNADE」を立ち上げた代表の田中鉄太郎さん。地元漁師たちの宝物である大漁旗300枚を託され、最初につくったのはバッグや帽子、ブレスレットなどでした。 >>続きを読む

~2018年5月18日~

■大漁旗から生まれたお洒落な小物たち。宮城県石巻「FUNADE」~大漁旗との出合い~

女心をくすぐる可愛らしいアクセサリーの数々。男性にもオススメなブレスレットや洋服もあります。実はこれらは全て、「大漁旗」が生まれ変わったもの。つくっているのは宮城県石巻にある「FUNADE」です。 >>続きを読む

Close