Close
【中国&四国地方】9県の「定番スイーツ」ってなんですか?

【中国&四国地方】9県の「定番スイーツ」ってなんですか?

広島県、鳥取県、島根県、岡山県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県の9県、およびせとうち観光推進機構、山陰インバウンド機構、四国ツーリズム創造機構の3DMOが連携してスタートした「中国・四国9県連携復興プロモーション」より、まずはコレを食べなきゃ!お土産に買って帰らなきゃ!という「定番スイーツ」をご紹介。名物の和菓子が多いのも中国地方・四国地方の特徴です。

広島県の定番スイーツといえば……「もみじまんじゅう」です
広島土産の代表。もみじをかたどったカステラ生地の中に、甘みのある餡の入ったお菓子。近年は餡のバリエーション豊富で、さまざまな味が楽しめる
岡山県の定番スイーツといえば……「フルーツパフェ」です
くだもの王国・岡山県。白桃、マスカット、ピオーネをはじめ、メロン、梨、いちごなど、旬の果物をふんだんに使った、見た目も味も抜群のスイーツが楽しめます
鳥取県の定番スイーツといえば……「大江の郷自然牧場パンケーキ」です
平飼い卵を使った、ふわとろパンケーキ。卵の力強さがあるからこそ、無添加で厚みのあるパンケーキができるのです
島根県の定番スイーツといえば……「松江の和菓子」です
城下町・松江は”水の都”として知られ、京都や金沢と並ぶ”日本三大菓子処”としても有名です。これは、自ら不昧流という茶道を完成させた松江藩七代藩主でもある茶人”松平不昧公”の影響といわれています。松江の三大銘菓「若草」「山川」「菜種の里」は、現在も高い人気を誇ります
山口県の定番スイーツといえば……「外郎(ういろう)」です
山口の外郎は、米粉を使う一般的なものと異なり、ワラビ粉やくず粉を使い、小豆あんなどを混ぜて作ります。独特のぷるんとした口当たりとあっさりとしたあと口が特徴。おっとりとした、上品な味わいです
愛媛県の定番スイーツといえば……「タルト」です
松山市の郷土菓子。薄く焼いてスライスしたカステラ生地で餡を巻いてつくる、ロールケーキ状のお菓子です
香川県の定番スイーツといえば……「和三盆」です
季節の模様にかたどられた和三盆糖は、綺麗でかわいいお干菓子。200年の伝統を守り、職人の手で大切に仕上げられた讃岐の技。それが和三盆です
徳島県の定番スイーツといえば……「滝の焼餅」です
阿波藩主ご愛用の名水「錦竜水」を使った、400年の歴史をもつ和菓子。もっちりして香ばしい餅と、なめらかな餡のバランスが絶妙
高知県の定番スイーツといえば……「芋けんぴ」です
サツマイモを油で揚げ、砂糖蜜をからめただけのシンプルな芋菓子。昔ながらの味わいが特徴で、お年寄りから子どもまで愛されている

■中国・四国9県連携復興プロモーション

2018年7月に発生した西日本豪雨の影響により、直接的な被害のなかった観光地も含め、いわゆる風評被害によって観光客が大きく減少、その後も観光需要が回復していない状況が続く中国・四国地方。そしてついに広島県、鳥取県、島根県、岡山県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県の9県、およびせとうち観光推進機構、山陰インバウンド機構、四国ツーリズム創造機構の3DMOが連携し、”元気です! 中・四国”をキャッチフレーズに「中国・四国9県連携復興プロモーション」がスタート。各県が誇る観光コンテンツについても、#中国・四国 冬のベストナイン として発表されています。

●中国・四国 冬のベストナイン
URL:genki-chushikoku.jp

Close