Close
ad-image
【中国&四国地方9県】知られざる「パワースポット」に行きたい

【中国&四国地方9県】知られざる「パワースポット」に行きたい

広島県、鳥取県、島根県、岡山県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県の9県、およびせとうち観光推進機構、山陰インバウンド機構、四国ツーリズム創造機構の3DMOが連携してスタートした「中国・四国9県連携復興プロモーション」より、自然のエネルギーが感じられ、神秘的な美しさに魅せられる、”知られざるパワースポット”をご紹介します。中国&四国地方のパワスポ巡礼は、1県だけではもったいない!

広島県の知られざるパワースポット:仙酔島
1934年、日本で最初の国立公園に指定された「瀬戸内海国立公園」を代表する景勝地の1つ。 仙酔島には仙人が住んでいたという伝説があり、”仙人が酔うほどに美しい島”というのが島の名前の由来とされています。仙酔島には、日本でここにしかない五色岩があり、古代からの自然が手つかずのまま残っているのです。自然のエネルギーを、全身で感じることができます
岡山県の知られざるパワースポット:石上布都魂神社
神社の御神体は、スサノオノミコトがヤマタノオロチを退治したといわれる剣。社殿の裏400mの山頂に本宮があり、背後に禁足地の巨石地域(遺跡)があります
鳥取県の知られざるパワースポット:赤猪岩神社
兄弟神たちによって、焼けた大岩で殺された大国主が、母神と二人の女神の手によって生き返ったという地に立つ神社。「再生・蘇生」の舞台といわれ、「再起」に願いをかけ、県内外から参拝されています。亥年である2019年は、とくに注目が集まっています
島根県の知られざるパワースポット:須佐神社
日本には須佐之男命ゆかりの神社が数多くありますが、ここは唯一、須佐之男命の御魂を祀っている神社です。山あいの田園風景の中に立つ小さな神社ですが、境内の中は不思議なパワーに満ち、日本有数のパワースポットとしてテレビや雑誌で紹介され、注目を集めています
山口県の知られざるパワースポット:別府弁天池
透き通ったブルーの水が、不思議な美しさを見せる湧き水「別府弁天池」。この湧き水は、摂氏14度の透明度の高い水で、環境庁より昭和60年7月20日、日本名水百選に選定されました。ここは別府厳島神社の境内でもあります。その昔、辺りを開墾したものの水不足に悩む長者が、夢のお告げどおりに弁財天を勧請すると水が湧きだしたという伝説があり、毎年秋にはこの神与の水に感謝の気持ちをこめ、念仏踊りが奉納されています
愛媛県の知られざるパワースポット:四国カルスト
”四国の屋根”と呼ばれる「四国カルスト」。石灰岩が並ぶ草原などカルスト台地特有の、解放感あふれる大パノラマが広がります。自然のパワーを受けて癒されてみませんか
香川県の知られざるパワースポット:志々島の大楠
三豊市詫間港の北西、約5.5kmの沖合いにある志々島のシンボルは、樹齢約1200年ともいわれる大楠。県の天然記念物にも指定されています
徳島県の知られざるパワースポット:お松大権現
勝負ごと、願いごとの神様として知られ、境内には約1万体の招き猫が奉られています。”猫神様”としても有名
高知県の知られざるパワースポット:杉の大杉
高知県北部の大豊町にある、推定樹齢3000年の日本一の大杉。歌手・美空ひばりが願掛けした後に国民的歌手となった、という逸話も残されています

■中国・四国9県連携復興プロモーション

2018年7月に発生した西日本豪雨の影響により、直接的な被害のなかった観光地も含め、いわゆる風評被害によって観光客が大きく減少、その後も観光需要が回復していない状況が続く中国・四国地方。そしてついに広島県、鳥取県、島根県、岡山県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県の9県、およびせとうち観光推進機構、山陰インバウンド機構、四国ツーリズム創造機構の3DMOが連携し、”元気です! 中・四国”をキャッチフレーズに「中国・四国9県連携復興プロモーション」がスタート。各県が誇る観光コンテンツについても、#中国・四国 冬のベストナイン として発表されています。

●中国・四国 冬のベストナイン
URL:genki-chushikoku.jp

Close