Close
ad-image
【日本赤十字社】僕らが「平成の災害と赤十字」展から学ぶべきこと

【日本赤十字社】僕らが「平成の災害と赤十字」展から学ぶべきこと

「日本赤十字社」は、平成の30年間に発生した災害を振り返りながら、人々に防災に関する意識を高めてもらう目的で企画展「平成の災害と赤十字 ~語り継ぐ。過去から学び、未来に活かす~」を、2019年2月19日(火)~3月29日(金)の期間で開催します。

企画展メインビジュアル 「奇跡の一本松」

平成の30年間は、阪神・淡路大震災や東日本大震災、熊本地震、そして記憶に新しい西日本豪雨災害や北海道胆振東部地震など、多くの自然災害が発生した時代でした。時代を追うごとに、生活スタイルなどが変化し、高齢者や子ども、障がい者など、被災者1人1人が抱えるニーズも多様化しています。日本赤十字社は、いずれの災害でも、発災直後から被災地入りし、赤十字ボランティアや自治体、他団体などと協力して災害救護活動を行ってきました。平成という時代の30年間、途切れることなく支援を続けてきたからこそ得た教訓を、今後いつ起きるか分からない大規模災害に活かすことが日赤の使命でもあるのです。

北海道胆振東部地震 避難所にダンボールベッドを設置。今回の企画展では、このベッドも会場に展示します

オープニングイベントとして2月19日(火)開催される「トークセッション」~平成の救護活動から学び、新時代の支援を考える~ では、阪神・淡路大震災や東日本大震災、熊本地震等各地の救護活動にあたった救護・福祉部 白土直樹さんより、平成の時代に起きた災害とその救護活動から見えてきた”新たな人道支援ニーズ”のトークが。また、災害対応や復興支援に関する研究において著名な、阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター 主任研究員の菅野 拓さんも登壇。被災者のニーズを汲み取った支援の必要性などについて説明いただきます。その後、自身の被災や災害時のボランティア活動をきっかけにして日本赤十字社の職員となり、現在は人のいのちと尊厳を守るべく、日々の業務に励む職員3名を交えたトークセッションを開催。新しい時代を迎える今、一般の聴衆者(学生たち)とともに、私たち1人1人が今後できることを考えていくセッションとなります。

阪神・淡路大震災の救護活動 ボランティア元年といわれたことにちなみ、炊き出しの釜なども展示
東日本大震災時に掲げられていた赤十字旗

企画展ガイドツアーは、被災地での活動写真のほか、救護活動で使用した資機材、救援物資、防災教育教材などの物品を日赤職員がご説明します。過去の災害を振り返るのみならず、首都直下地震や南海トラフ地震、各地で頻発する豪雨など、今後発生が予測される災害を「自分ごと」としてあらためて捉え、備えを進めるきっかけとなれば、という思いで本展の実現へと至りました。

ダンボールベットの寝心地体験も 
■「平成の災害と赤十字 ~語り継ぐ。過去から学び、未来に活かす~」

開催期間:2019年2月19日(火)~2019年3月29日(金)
開催時間:平日 9時30分~17時 ※土・日曜、祝日は休館
入場料:無料
開催場所:日本赤十字社(東京都港区芝大門1-1-3)1階 赤十字情報プラザ
URL:http://www.jrc.or.jp/press/190208_005596.html

■オープニングイベントについて

開催日時:2019年2月19日(火) トークセッション:13時~14時(受け付け開始12時30分~)、企画展ガイドツアー(日赤職員による説明):14時~14時30分
開催場所:日本赤十字社1階 ※トークセッションは101会議室 企画展ガイドツアーは情報プラザにて
対象:学生の皆さん ※事前申し込み制

トークセッションの内容・登壇: 講演「平成の災害と救護の変遷」日本赤十字社 救護・福祉部 次長 白土直樹さん、講演「排除のない災害対応を目指そう」阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター 主任研究員 菅野 拓さん、対談「災害救護から見た昭和、平成、そして新たな時代」白土 直樹さんと菅野 拓さん、パネルディスカッション「被災経験から救護活動へ」モデレーターは白土 直樹さん、スピーカーは菅野 拓さんと日本赤十字社職員(土居正明さん、髙橋聡子さん、佐藤祐輔さん)、トークセッション参加者(学生たち)と登壇者による質疑応答

■トークセッションにご参加いただける学生募集のお知らせ:

トークセッションにご参加いただける学生の皆さんを募集しています。お申し込み方法:氏名、学校名、連絡先(携帯など)をご記入の上、koho@jrc.or.jp までメールにてお申し込みください。お申し込み期限は、2月18日(月)15時までです。

※学生の方であれば、どなたでもご参加いただけます。参加費用は無料です

Close