Close
ad-image
やっぱり食べたい!【中国&四国地方】「海の幸」グルメ17選

やっぱり食べたい!【中国&四国地方】「海の幸」グルメ17選

広島県、鳥取県、島根県、岡山県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県の9県、およびせとうち観光推進機構、山陰インバウンド機構、四国ツーリズム創造機構の3DMOが連携してスタートした「中国・四国9県連携復興プロモーション」より、各県が誇る「海の幸」グルメをご紹介。全国的に知られる名物料理から、地元でしか食べられていない幻のメニューまで。中国・四国地方の観光は、1県だけではもったいない!

広島県 定番の「海の幸」:牡蠣
全国シェアの半分以上を占め、生産量日本一を誇る広島のかき。殻は小さいけれど身は大きく、プリッとしていて濃厚な味わいが特徴
広島県 知られざる「海の幸」:あたたハマチtoレモン
広島県産レモン果汁を混ぜた飼料を与えて育てたブランド魚。身についた柑橘風味が、熱を加えるとさらに増し、旨みも強くなる。刺身はもちろん、しゃぶしゃぶなどもおすすめ

岡山県 定番の「海の幸」:サワラ
岡山県内で刺身といえば”サワラ”のことを指すほど、県民に愛されているのがサワラの刺身。口の中でトロけるような、濃厚で上品な味わいは地酒にもピッタリ
岡山県 知られざる「海の幸」:干しダコ
内臓を取ったマダコに竹の棒を入れて形を整え、1週間ほど干した「干しダコ」。足をあぶって、砂糖じょうゆやみりんで食べたり、タコ飯としても食べられています

鳥取県 定番の「海の幸」:松葉がに
冬の代表的な味覚「松葉がに」は、成長したズワイガニの雄のこと。漁期は11月上旬から3月。刺身、茹でがに、焼きがに、カニすきなど調理方法はいろいろ。平成27年度に、大きさ・品質・型ともに最上級の松葉がに「特選とっとり松葉がに五輝星(いつきぼし)」が誕生
鳥取県 知られざる「海の幸」:モサエビ
鳥取県ではクロザコエビのことを「もさえび」と称し、9月~5月に沖合底びき網漁で漁獲されます。カニシーズンと重なる時期が長く、隠れた存在になっているのです。弾力のある食感や旨みが強く、甘みは甘エビ以上とも! 鮮度劣化が早いため遠隔地への出荷は難しく、地元でしか味わえない幻のエビです

島根県 定番の「海の幸」:どんちっち三魚
「どんちっち」とは、石見で盛んな郷土芸能石見神楽の幼児言葉のこと。お囃子の音が「どんちっち、どんちっち」と聞こえてくることに由来し、「どんちっちノドグロ」「どんちっちカレイ」「どんちっちアジ」を、島根県を代表する「どんちっち三魚」と呼んでいます

山口県 定番の「海の幸」:ふく料理
ふぐの取扱量日本一の下関では、フグのことを「福」にちなんで「ふく」と呼びます。 江戸時代、食用を禁じられていたふぐですが、明治になり、そのおいしさに感動して解禁したのは、元萩藩士で初代総理大臣になった伊藤博文でした。 目利きが選び、職人が最高の状態に成熟させ、自慢の腕をふるったふくの味は、まさに至福の味。ふく刺し、ふくちり、唐揚げ、ひれ酒、白子など、本場のふく料理をお楽しみください
山口県 知られざる「海の幸」:はも
山口県瀬戸内海の”はも”は小型底びき網漁業、延縄漁業で漁獲されていて、山口県は全国有数の産地として知られています。瀬戸内海で漁獲されるはもを漁業者は「西京はも」と名づけ、県内や関西方面を中心に出荷され、味がよい!と高い評価を受けています

愛媛県  定番の「海の幸」:鯛めし

「鯛めし」は、松山(中予)と宇和島(南予)では異なった食べ方をします。中予で食べられる「鯛めし」は鯛を丸ごと一匹、土鍋や釜に入れて炊き込んだ郷土料理。南予の「鯛めし」は、鯛の刺身を特製のタレにつけ込み、薬味といっしょに混ぜたものをご飯の上にかけて食べる漁師料理です
愛媛県 知られざる「海の幸」:伊予の媛貴海
全身トロの「スマ」。主に愛南町で食べることができ、基準を満たす魚は「伊予の媛貴海(ひめたかみ)」と呼ばれています

香川県 定番の「海の幸」:オリーブハマチ
県魚”ハマチ”と県木”オリーブ”のコラボが生んだ「オリーブハマチ」。オリーブの葉を混ぜた食事で、ぴちぴちのカラダに育ちました。さっぱりとしたヘルシーな味わいが魅力
香川県 知られざる「海の幸」:タイラギ
「タイラギ」の貝柱は、上質で大ぶりなことから”貝柱の王様”とも呼ばれ、冬から春先にかけてが旬。刺身にすると、やわらかく、ふくよかな甘みが口いっぱいに広がります

徳島県 定番の「海の幸」:鳴門鯛
鳴門海峡の激しい潮流で揉まれ、引き締まった身が特徴。お刺身はもちろん、出汁の効いた味噌汁は格別です
徳島県 知られざる「海の幸」:鱧(ハモ)
徳島の鱧は、京都の料亭で重宝されています。天ぷらに鳴門の塩をつけて食べるのがオススメ

高知県 定番の「海の幸」:カツオのたたき
カツオの表面だけを強火であぶり、ニンニクや大葉、ネギなどの薬味をのせて食べる高知の代表食。近年は塩たたきが人気上昇中
高知県 知られざる「海の幸」:ウツボ
見た目は強烈ですが、味は上品で淡泊。コラーゲンが豊富に含まれ、女性にも人気が高い。煮こごりやたたき、唐揚げなど、さまざまな調理法で味わうことができます

■中国・四国9県連携復興プロモーション

2018年7月に発生した西日本豪雨の影響により、直接的な被害のなかった観光地も含め、いわゆる風評被害によって観光客が大きく減少、その後も観光需要が回復していない状況が続く中国・四国地方。そしてついに広島県、鳥取県、島根県、岡山県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県の9県、およびせとうち観光推進機構、山陰インバウンド機構、四国ツーリズム創造機構の3DMOが連携し、”元気です! 中・四国”をキャッチフレーズに「中国・四国9県連携復興プロモーション」がスタート。各県が誇る観光コンテンツについても、#中国・四国 冬のベストナイン として発表されています。

●中国・四国 冬のベストナイン
URL:genki-chushikoku.jp

Close