Close
ad-image
【日本最東端】を巡る北海道旅。さて、最東端の駅はどこでしょう?

【日本最東端】を巡る北海道旅。さて、最東端の駅はどこでしょう?

日本最東端の地、北海道の根室半島を巡る旅。駅からにゃんこまで……。今回は、いろんな”日本最東端”スポットを巡ってきました。

日本最東端の駅「東根室」

根室本線花咲線の東根室駅にやってきました。日本最東端の駅は無人駅なんですね。

東根室駅のプラットフォーム

少し待っていると、雪景色の中を赤のラインが入った車両が入線してきました。

根室本線花咲線はディーゼル車両でした

根室本線花咲線は、JR根室本線の根室駅から釧路駅間の135.4kmを結ぶ日本最東端の鉄道です。終点の根室駅よりも1つ手前の東根室駅のほうが日本最東端の駅、というのもちょっとおもしろいですよね。

東根室駅のJR北海道わがまちご当地入場券は根室駅で購入できる

ちなみに根室駅のみどりの窓口では、東根室駅の「JR北海道わがまちご当地入場券」という入場券を販売しています(170円)。来訪の記念に購入してみては。


■続いて、日本最東端の「郵便局」へ

日本最東端の「珸瑤瑁郵便局」

続いて訪れたのは、日本最東端の郵便局、珸瑤瑁(ごようまい)郵便局です。

記念スタンプが押せます

こちらの郵便局では記念スタンプの他に、ハガキを出す際に“納沙布灯台と岬に昇る朝日と昆布”があしらわれた風景印の消印を押してもらえます。日本最東端の地から家族や親しい友人に向けて、近況をつづったハガキを出してみるのもいいですね。

●珸瑤瑁郵便局
住所:北海道根室市珸瑤瑁1-43-1


■日本最東端の「ガラナ」

おみせやさん いたがき

珸瑤瑁郵便局のすぐ近くにある、食料品や根室の地酒などを扱う「おみせやさん いたがき」では、ここだけでしか販売されていない日本最東端の”ガラナ”を販売しています。

根室限定「本土最東端ガラナ」

「ガラナ」とは、北海道で絶大な人気を誇るローカル飲料です。北海道には数多くのガラナがありますが、この「根室限定 本土最東端ガラナ」が販売されているのはこのお店だけ! すっきりとした甘さが特徴の「本土最東端ガラナ」。納沙布岬へ向かう途中に立ち寄りましょう。

●おみせやさん いたがき
住所:北海道根室市珸瑤瑁1-50


■日本最東端の地「納沙布岬」

日本の最東端「納沙布岬」

日本最東端の納沙布岬に到着しました。わずか3.4km先には、北方領土の歯舞群島の貝殻島が見えます。


■日本最東端のみやげ物店・食堂「請望苑」

日本最東端のみやげ物店・食堂「請望苑」

納沙布岬のすぐ近くにあるのは、食堂と昆布などのみやげ物を販売している「請望苑」。

店の入り口横には日本最東端のポスト!
店では日本最東端の看板猫!?が店番中
お店では貝殻島産の棹前元昆布などが販売されています

最後は日本最東端の看板猫たちがお出迎えしてくれて、ほっこりと癒やされたのでした。

●請望苑
住所:北海道納沙布35
URL:http://www.tmt.ne.jp/~puffin/

取材協力:根室振興局

撮影・取材・文/中川マナブ
さんぽブロガー、旅ライター、Webプロデューサー。
夫婦で東京のみならず、日本中の観光名所、グルメスポットを散歩してお出かけの「キッカケ」を発信。「地域ブロガーの会」を主催するなど、地域ブロガーネットワークに精通。 URL:https://tokyosanpopo.com/

Close