Close
豪華すぎる【広島県】の「顔出しパネル」に顔を出したい!

豪華すぎる【広島県】の「顔出しパネル」に顔を出したい!

広島県では、2018年7月に発生した西日本豪雨の復興PR施策として「顔出しんさい! 広島県 – あなたが顔を出すと、広島が元気になる -」の実施を2018年10月に発表し、同年11月からオリジナル作品の設置を開始してきました。

思わず記念写真を撮ってしまいたくなるような、わざわざ撮りに行きたくなるような、広島県だけのオリジナル「顔出しパネル」を県内の観光スポットなどに設置し、元気な広島の”今”を写真におさめ、共有いただきたいという本プロジェクト。”訪問する”という意味での「顔出し」と、旅先でついつい写真を撮ってしまう「顔出しパネル」の「顔出し」をかけたネーミングです。「#顔出しんさい広島」を合言葉のハッシュタグとし、SNSを通じた拡散も期待しています。

広島県出身漫画家、こうの史代さん原作 映画「この世界の片隅に」とのコラボ。呉の風景をモチーフ(絵:アニメ映画「この世界の片隅に(監督:片渕須直)」より) にしています。 ※パネルサイズ:縦約200cm×横約240cm ※設置場所:JR呉駅構内[3月11日(月)頃設置予定](広島県呉市宝町) ©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
「顔出しパネル」作品は、市町の特産品などをモチーフにしたものや、地元の皆さんと連携して制作するもの、そして広島県ゆかりの漫画家の方などに協力をいただき、作品は順次設置、その設置状況は特設ウェブサイトで確認できます。

永井 豪さん作品「マジンガーZ」とのコラボ。大竹市の工場夜景をモチーフにしています。 ※パネルサイズ:縦約210cm×横約300cm ※設置場所:晴海臨海公園[2月28日(木)設置](広島県大竹市晴海2丁目) ©永井 豪/ダイナミック企画
かわぐちかいじさん作品「ジパング」とのコラボ。戦艦「大和」をモチーフ(※デザインはイメージです)にしています。 ※パネルサイズ:縦約200cm×横約140cm ※設置場所:大和ミュージアム[3月11日(月)頃設置予定](広島県呉市宝町5-20) ©かわぐちかいじ/講談社
宮下あきらさん作品「魁!! 男塾」とのコラボ。江田島市の特産品「牡蠣」をモチーフにしています。 ※パネルサイズ:縦約240cm×横約130cm ※設置場所:小用港[2月28日(木)設置](広島県江田島市江田島町小用2丁目1番1号) ©宮下あきら/集英社
■その他の設置作品(作品が完成次第、随時設置)
【竹原市】うさぎ島としても有名な大久野島の「アナウサギ」をモチーフにした作品。
【府中市】府中市の代表的なイベント「天領上下(てんりょうじょうげ)ひなまつり」」をモチーフにした作品
【庄原市】庄原市の比婆山(ひばやま)に出没したとされる謎の類人猿「ヒバゴン」をモチーフにした作品
【東広島市】日本三大銘醸地として有名な東広島市の「酒蔵」をモチーフにした作品
【安芸高田市・北広島町】伝統芸能の「神楽」をモチーフにした作品
【海田町】町の花「ひまわり」をモチーフにした作品
【安芸太田町】特産品の「祇園坊柿(ぎおんぼうがき)」をモチーフにした作品

「顔出しんさい広島県」特設ウェブサイト
URL:https://hiroshima-welcome.jp/kaodashi/

Close