Close
【岩手】盛岡の隠れた定番おやつ「べんじぇもの」って?

【岩手】盛岡の隠れた定番おやつ「べんじぇもの」って?

もっちりした団子やもち菓子は、老若男女に愛される定番おやつ。こうした団子類を、かつて盛岡では「べんじぇもの」と呼んでいたそうです。では、べんじぇものって一体、どんな意味なのでしょう?

江戸時代、盛岡の中心部を流れる北上川は舟運の中心であり、都からたくさんの物資や文化が入ってきました。団子やもち菓子も、都から弁財船(べんざいせん)が運んできた「弁財物」と呼ばれ、それが訛って「べんじゃもの」「べんじぇもの」になったといわれています。また、弁財天を奉る寺院の前で売っていたお菓子を「べんじぇもの」と呼んだという説もあり、盛岡の生活文化と深く関わりあるお菓子なのです。「べんじぇもの」とは、米(うるち米)の粉をこねて蒸して作った和菓子を総称した呼び方。とはいえ、盛岡に縁のない人は、それがどんなものか想像できないのでは? また、盛岡在住者でも、若い世代や引っ越して間もない人は馴染みがないかもしれません。

店によってレシピや呼び名に違いはありますが、簡単にご紹介しましょう。盛岡市本町にある老舗和菓子店「梅月堂」には、こんなべんじぇものが並んでいました。

大正期に創業以来、まちの人に愛される和菓子店「梅月堂」

クルミ味じんわりの【お茶もち】

まず、盛岡市民ならきっと誰もが知っている「お茶もち」は、べんじぇものの代表。昔から、農作業の合間の小昼(休憩)や盆・彼岸をはじめ、茶菓子として親しまれてきた盛岡おやつです。

団扇型の平たいお団子で、蒸した生地を軽く焼いた後にクルミ醤油のタレを絡めます。大きさや厚さ、タレの配合はお店それぞれ。同店の場合は、砂糖醤油をベースにクルミを加えた、つけたて醤油味。タレが染みると、クルミ味がじんわり引き立ちます。冷めてもしなみがあって、小腹が空いた3時のおやつに1本食べれば、夕方まで仕事も頑張れます。

醤油の照りが美しい【しょうゆだんご】

盛岡の「しょうゆだんご」は、甘くないのが特徴。みたらし団子と違って、砂糖を使わずシンプルに生醤油だけで味をつけています。一本の串に5粒の小ぶりの団子が刺してあるのが定番。「5粒の団子は人の身体、五体を表しているという説が有力です。串団子発祥の下鴨神社のみたらし(御手洗)団子が有名ですが、串に刺した団子を人型の代わりに奉納しお祓いをしたのが、5粒団子の始まりとも言われています」と同店のご主人。濃いめの醤油を絡めた団子は噛みしめるほど味わい深く、その由来も奥深いです。

黒糖の甘みがほんのり香る【ゆべし】

盛岡の「ゆべし」は、米の粉に醤油や黒砂糖を入れて蒸しあげたもの。昔は精製した白砂糖より黒砂糖がリーズナブルだったようです。刻んだクルミやゴマを生地に練りこんだり上に乗せたり、生地に餅粉をブレンドするなど、アレンジや配合は店によってさまざま。「梅月堂」の店先に並ぶのは、黒糖をしっかり練りこんだ小判形の「ゆべし」です。細長い棒形、葉形、楕円型等、形は店によって違うので、それぞれの特徴を楽しむのも面白そうです。ちなみに、「ゆべし」の生地に黒蜜が入った「きりせんしょ」(切山椒・きりさんしょうが訛ったといわれます)を作っている店もあります。

味噌あんたっぷり【味噌っぱさみ(かまやき)】

半月型の団子の中に、甘しょっぱいクルミ味噌が入った「味噌っぱさみ」。同店オリジナルのネーミングで、他店では「かまやき」などの名称で販売されています。形が鎌に似ている、鎌仕事の合間に食べるおやつだから等、名前の由来は定かではありません。団子に焼き目をつける店もあります。

もっちりした生地の中に、クルミ味噌がたっぷり

他にもあずき団子など、べんじぇものは種類豊富

普段のおやつはもちろん、彼岸や節句など人が集まる場や手土産など、盛岡の日常にべんじぇものは欠かせません。かつては街のあちこちにたくさんあった団子屋さんですが、生活スタイルの変化もあってか徐々に減っているのが残念です。

「べんじぇもの」は、いわば、朝作ってその日のうちに食べる朝生菓子

そんな中、盛岡市本町通では、ご紹介した「梅月堂」をはじめ2軒隣の「戸田久餅店」でもべんじぇものを販売しています。盛岡の街を訪ねたら、ぜひ味わってほしいべんじぇもの。街散策の折、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

商品協力/梅月堂

●梅月堂
住所:盛岡市本町通1−9−40
TEL:019-622-5042
営業時間:9時~18時
定休:日曜

取材・文/水野ひろ子
岩手県在住フリーライター・エディター。岩手を中心に、北東北の食、街、地域の暮らし、工芸、地方ビジネス等の取材、企画編集物制作を行う。また、有志と立ち上げた編集ユニット「まちの編集室」にて、地方誌「てくり」を発行。ホームスパン作家とのコラボによる商品開発も行っている。

編集/くらしさ

Close