Close
【沖縄フィンガーフード3選】てびち唐揚げ、チキンいなり……どれもウマすぎる!

【沖縄フィンガーフード3選】てびち唐揚げ、チキンいなり……どれもウマすぎる!

フィンガーフードをお供に、沖縄の美しい海沿いをドライブしよう!

ため息が出るほど美しい、沖縄の海とレジャーを思いっきり楽しみたい!! おいしいものはモチロン食べたい!! ちょっぴりわがままな皆さんにオススメなのが、沖縄ならではのフィンガーフードです。旅先で手軽につまんで食べられる、地元の人たちからも愛されるソウルフードたちをご紹介します。

1. 見た目のインパクト大!人気料理店が手がける「てびちの唐揚げ」

まず、ご紹介したいのが「てびちの唐揚げ」です。てびちとは、豚の手足の部分、いわゆる豚足のこと。沖縄ではおでんや沖縄そばの具材として親しみ深い食材です。

国道58号線を、那覇から北へまっすぐ1時間ほど走ると辿り着くのが、本島西海岸の人気リゾートエリア「恩納村(おんなそん)」。どこまでも青く透き通る海が見渡せ、道路沿いには優雅に葉を揺らすヤシの並木が。南国リゾート感をより一層高めてくれるおすすめのドライブコースです。

海岸沿いに佇む「おんなの駅」は、沖縄の食材を使った飲食店や沖縄の農産物、加工食品、工芸品などを販売する人気の観光スポット。その中にある飲食ブースのなかで、とくにおすすめなのが「豚三郎」の『てびち唐あげ』です。沖縄県うるま市の人気店「榮(さかえ)料理店」が、手軽に食べられるから揚げを考案し、販売しています。

豪快に筆で書かれた「てびち唐あげ」の看板が目印

コラーゲンたっぷりな肉厚てびちをじっくりと揚げて、最後に自家製の南蛮黒酢ダレにからめて完成。甘酸っぱいソースが香ばしい衣と絡み合い、カブりつくと食感はとろとろプルプル。病みつきになること間違いナシです!

カリッと揚げたてびちと南蛮黒酢ダレの相性抜群! 550円(税込み)

●沖縄名物豚足専門店 豚三郎
住所:沖縄県国頭郡恩納村仲泊1656-9
TEL:098-964-7733
営業時間:10時~19時
定休:火曜


2. 沖縄のおいなりさんは、カタチも味も新感覚!

沖縄のドライブにおすすめのフィンガーフード。2品目は「チキンいなり」。ウチナンチュに長年愛され続けているソウルフードです。

沖縄のいなりずし、馴染みのあるいなりと随分と違いませんか? まず、見た目が俵形はなく、サンドイッチのような直角三角形。ごはんも見えていて、白ごまがのっています。食べてみると”甘〜い”ではなく”酸っぱ~い”味わいが、口の中に広がります。

甘辛く煮つめた油揚げに包まれた、五目ずしのイメージが強い”いなり”ですが、沖縄のいなりは、あっさりとした油揚げに酢飯を詰めているのが特徴です。これがまたおいしい!「あれ? もう一ついっちゃう?」といった感じに、つい手が伸びてしまいます。

いなりと一緒に売られているチキンは、ガーリックフレーバーが効いていて食欲をそそります。ローカルに根づいた飾らない味わい。子どもから大人まで、みんなが笑顔になるおいしさです。

いなり2つとチキン2個セットは、ドライブで小腹が空いたときにぴったり。380円(税込み)

今回ご紹介したのは、チキンいなりのパイオニアとして知られる、うるま市塩屋にある「丸一食品」のもの。秘伝の酢飯の作りかたは門外不出! チキンいなりを提供する店は多いのですが、丸一食品の絶妙なバランスの味を再現できる店にはまだ出合えていません。

黄色い屋根が目印の丸一食品
売り切れ必至の人気商品「チキンいなり」

丸一食品の近くには、佇まいが美しい世界遺産「勝連城跡」があります。チキンいなりを買って、勝連城跡の麓の小屋で腹ごしらえするドライブコースも人気です。

●丸一食品 塩屋店
住所:沖縄県うるま市字塩屋494−6
TEL:098-974-5550
営業時間:9時~17時
定休:月曜


3.浜比嘉島の漁港の目の前でかぶりつく海の幸!

最後にご紹介するのが「かにもずくてんぷら」。浜比嘉島近海で獲れる”タイワンガザミ”というカニと、島の特産である”もずく”を融合させて、カニの爪ごと豪快に揚げた一品です。

本島中部東海岸の与勝半島から、4つの離島へ向かって海の上を走り抜ける「海中道路」は、沖縄の人気ドライブコース。海中道路を渡って南に伸びる橋をさらに進むと、たどり着くのが「浜比嘉島(はまひがじま)」。神様が住む島という言い伝えがある、神秘的な浜比嘉島の一角の漁港。その目の前に「丸吉食品」という小さな食堂があります。島育ちのエネルギッシュな女性たちが、ウミンチュ(漁師)が獲ってきた新鮮なもずくや魚を使って料理の腕を振るいます。

ローカル感半端ない、温かみのある手作りサインボード
漁港の目の前。海風にはためく「かにもずくてんぷら」ののぼり

もずくコロッケやもずく天ぷらなどのメニューがありますが、なかでもインパクトがあるのが「かにもずくてんぷら」。目の前で揚げてくれるので、アチコーコー(アツアツ)でいただけます。

丸吉食品オリジナルレシピの”天ぷらごろも”で、じっくりと揚げていきます
見事なかに&もずくの断面に萌え!!

晴れた日には、桟橋や浜辺を散歩しながら、浜比嘉島の美しすぎる海を眺めて、豪快にガブリ!といただくのもオススメです。

●丸吉食品
住所:沖縄県うるま市勝連浜72-2
TEL:098-977-7905
営業時間:9時~18時
無休

行きたいところがいっぱい! 大忙しのよくばり沖縄旅行にピッタリな、手軽に食べられる沖縄のソウルフードたち。お気に入りの味が見つかったなら、次はリピートして「沖縄ソウルフード巡り」するのもいいですね。

撮影・取材・文/monobox(URL:https://monobox.jp/) 沖縄のデザインプロダクション。地域のデザインを手がけるほか、フリーペーパーの制作、沖縄の観光情報を発信するための取材・撮影・執筆などを手がける。また、沖縄の地域工芸作家の作品を展示・販売する「Galleryはらいそ(URL:http://haraiso.gallery)」を運営中。

編集/くらしさ

Close