Close
これからが見頃! 梅雨でも楽しめる京都のレアな紫陽花名所4選【京都】

これからが見頃! 梅雨でも楽しめる京都のレアな紫陽花名所4選【京都】

6月~7月頃の雨が多くなる時期にかけて見頃を迎える梅雨の風物詩「紫陽花」。ピンク、水色、紫と色とりどりの美しい花を咲かせ、その可愛らしい小さな花びらは雨の中でもしっとりとした優雅さを感じさせます。今回は京都にスポットを当て、紫陽花名所の”穴場”のご紹介いたします。梅雨にしか見ることのできない、この季節だけの絶景を訪れてみてはいかがでしょうか?

手水鉢に花を浮かべた花手がインスタで大人気!「柳谷観音 楊谷寺」

長岡京市の山間に位置する「柳谷観音 楊谷寺」。境内から湧き出る清水が眼病にご利益があるとして「眼の観音様」とも呼ばれています。梅雨の時期には、境内に約30種、合計5,000株の紫陽花が咲き誇り、穴場名所として人気を集めています。特に、インスタで話題の手水鉢に紫陽花を浮かべた花手や、「あじさい回廊」と呼ばれる屋根付きの回廊は、見逃せないポイントです。「あじさい回廊」は、その名の通り回廊の両側にガクアジサイやアナベルなどの紫陽花が鮮やかに咲き誇ります。見頃は 6月上旬~7月上旬であり、これからの季節にぴったりです。6月23日(日)に開催される「あじさい祭り」では、上書院特別公開や、尺八の演奏・書道パフォーマンス、飲食屋台などがお楽しみいただけます。

柳谷観音 楊谷寺
見頃:6月上旬~7月上旬
住所:京都府長岡京市浄土谷堂ノ谷2
TEL:075-956-0017
拝観時間:9時~17時 (受付16時30分まで。あじさいウィーク中は16時閉門)
※6月8日(土)~7月7日(日)は「あじさいウィーク」、 6月23日(日)は「あじさい祭り」
拝観料:あじさいウイーク中は300円(その他は無料)
URL:https://yanagidani.jp/

100種1万株が咲き誇る! 関西最古の「あじさい寺」

関西花の寺1番札所で、通称「丹波あじさい寺」と呼ばれる名刹です。6月中旬~7月初旬に見ごろを迎え、約100種1万株の紫陽花が咲き乱れる極楽浄土のような圧巻の絶景を堪能できます。境内で遊ぶ小国鶏という鶏とあじさいのコラボが、江戸時代の画家 伊藤若冲の世界とそっくりであるため、インスタ映えすると近年人気になっています。

丹州観音寺
見頃:6月中旬~7月上旬
住所:京都府福知山市観音寺1067
TEL:077-27-1618
拝観時間:9時~17時
拝観料:一般350円 中高生200円 小学生以下無料
URL:http://www.tanba-ajisaidera.com/

風鈴の音色に癒される!「紫陽花×風鈴コラボ」

敷地内におよそ2,500株の紫陽花が咲く「東光院」は、紫陽花の開花シーズンに合わせて、「綾部あじさい風鈴祭り」も開催。700個以上もの涼やかな風鈴の音色を聞きながら、美しい紫陽花を眺めることができます。その他、お茶席が楽しめる赤い毛氈が敷かれた納涼床やプチ写経など、紫陽花を鑑賞しながら様々な体験をお楽しみいただけます。

東光院
見頃:6月上旬~7月上旬
住所:京都府綾部市上延町堂ノ奥7
TEL:0773-42-2432
拝観時間:自由(一部制限あり)
※6月8日(土)~9月4日(土)は「綾部あじさい風鈴祭り」 、(紫陽花は梅雨時期限定、風鈴祭りは9月4日(土)まで開催)
6月8日(土)~7月6日(土)は「納涼床」
拝観料:無料(風鈴会場300円)
URL:http://horyujitokoin.wixsite.com/website

恋が叶う!? 「ハート型紫陽花」

1,200年前に開かれた宇治の古刹「三室戸寺」は、1万株もの紫陽花が咲き乱れる「あじさい寺」として有名です。全国でも有数の紫陽花の名所として、梅雨の時期には多くの観光客が訪れます。また、”山の斜面一面に咲き誇る紫陽花の中から、ハート型の紫陽花を見つけられたら恋が叶う“と言い伝えられる恋愛成就スポットとしても話題です。

三室戸寺
見頃:6月中旬~7月上旬
住所:京都府宇治市莵道滋賀谷21
TEL:0774-21-2067
拝観時間:8時30分~16時30分(最終受付16時)
拝観料:大人500円/小人300円
※6月1日(土)~7月7日(日)のみ大人800円/小人400円
URL:https://www.mimurotoji.com/

Close