Close
【福島・いわき市】家族の絆が作り出した、行列必至の大人気店「ゼリーのイエ」

【福島・いわき市】家族の絆が作り出した、行列必至の大人気店「ゼリーのイエ」

福島県いわき市に宝石のように綺麗な手作りゼリーのお店があります。色とりどりのカラフルなゼリーは「インスタ映え」すると、近年SNSで話題のお店です。

開店前には行列も「ゼリーのイエ」
小名浜の住宅街にある「ゼリーのイエ」

いわき市の東南部、小名浜の海から少し離れた住宅街に店を構える「ゼリーのイエ」は1988年に誕生したゼリー専門店です。ネットで話題になってからは、開店前に行列ができるほどの人気ぶり。営業時間は9:00~15:00ですが、売り切れ次第で終了になるので、午前中の来店がオススメです。この日も開店からひっきりなしにお客さんが来ていました。

自宅の庭に建てた店の店内

自宅の庭に造ったという店内は5坪。そこに、ひときわカラフルなショーケースがあります。

ショーケースにはカラフルなゼリーがたくさん!

ショーケースには16種類のカラフルなゼリーが並んでいました。季節によってラインナップは変わるそうです。

見ているだけでも癒やされる

天然ゼラチン100%のゼリーは一部の商品を除いて、添加物をいっさい使わず一つひとつ丁寧に作られています。

カルピスゼリーは子どもに大人気

ゼリーは層に分かれているものや、中にムースが入っているものなどさまざま。

メロンゼリーはどこか懐かしい味わい

ショーケース内のゼリーはどれも1つ260円(税抜)、価格もわかりやすいですね。

細田守作品にも登場したカラフルゼリー
お店で人気のトロピカルミックスゼリー

キューブ状のカラフルなゼリーがたくさん詰まったトロピカルミックスゼリーは、お店で1位2位を争う人気の一品。このゼリーを大きくした直径約15cmのデコレーションモアリッチは、細田守監督のアニメーション作品『未来のミライ』の劇中にも登場したネット販売限定の幻のゼリーです。

直径約15cm!

せっかく立ち寄ったらお土産で持ち帰りたい! 「ゼリーのイエ」のゼリーは8個以上(偶数個限定)なら発泡スチロール(別売)に入れて当日までOK。地方発送も可能です。

地方発送は8個〜
フォトジェニックなゼリーたち
代表的なゼリーを12個入りの箱にピックアップ!

上段左からトロピカルミックスゼリー、ミルクゼリー、メロンゼリー、イチゴゼリー、レモンゼリー、にじいろゼリー、オレンジミックスゼリー、カシスゼリー、紅茶ゼリー、ピーチヨーグルトゼリー、ブルーハワイゼリー、アセロラミックスゼリー。

いつまでも眺めていたい

箱を少し動かしただけでもプルンプルンと震えるゼリーたち。こんな綺麗でかわいいゼリーがこの世にあったとは…!

紅茶のムースが中に入った紅茶ゼリー

手のひらにゼリーをのせてみると、意外と大きくてびっくりしました。1つでも十分な満足感です。

にじいろゼリー

イチゴ、メロン、オレンジ、ミルク、ブルーハワイが何層にもなっている「にじいろゼリー」は見ているだけでも楽しいうえに、自然な甘味と絶妙な柔らかさがあとを引く一品です。

家族の絆が生んだ「ゼリーのイエ」
ゼリーのイエの店主、杉山修一さん

この日、お話を伺ったのは店主の杉山修一さん。もともとは、修一さんのお母さんが骨折で入院した際、修一さんのおばあさんがお見舞いのために手作りゼリーを持っていったところ、落ち込んでいたお母さんがすごく元気をもらえたことに感動。その後、退院したお母さんがゼリーを作り始めたのが開業のきっかけだそう。

お店のロゴもかわいい

「母が作るゼリーを途絶えさせてはいけない」と、勤めていた広告代理店を辞めて2002年からお店の一員に加わった修一さんは、Webサイトでの販売を強化。口コミと相まって次第に人々の目に留まり、今や日本中から注目されるゼリー専門店となりました。

手間ひまかけて作られる「ゼリーのイエ」のゼリーはその名のとおり、親子三代にわたって家族を想う心が作り出した「家族の絆」そのものでした。


ゼリーのイエ
所在地:福島県いわき市小名浜寺廻町7-16
営業時間:9:00~15:00(売り切れ次第終了)
定休日:土日祝日
URL:http://zerry-no-ie.net/

取材協力:いわき商工会議所

撮影・取材・文/中川マナブ
さんぽブロガー、旅ライター、Webプロデューサー。
夫婦で東京のみならず、日本中の観光名所、グルメスポットを散歩してお出かけの「キッカケ」を発信。「地域ブロガーの会」を主宰するなど、地域ブロガーネットワークに精通。 https://tokyosanpopo.com/

Close