Close
ビールを飲みに山梨に行く…とか、いいかもしれない。造り手が推すクラフトビールベスト3

ビールを飲みに山梨に行く…とか、いいかもしれない。造り手が推すクラフトビールベスト3

現在、セカンドウェーブ真っ只中にあるクラフトビール。そのビッグウェーブは、都心から離れたここ山梨県にもやって来ています。今回ご紹介するのは、山梨県・甲府駅より徒歩10分ほどの場所にある小さな街なかブルワリー「Outsider Brewing」。この場所で、ビールをこよなく愛する女性ブルワーが生み出すクラフトビールが今話題になっています。山梨で彼女のビールが唯一飲めるパブ「Hops And Herbs」を訪れ、造り手が推すクラフトビールベスト3を直接ご本人に聞いてきました。

この記事は、特集・連載「夏のクラフトビール特集」山梨編 Vol.1です。

女性ブルワーが考案! 山梨の風を感じる「ブーケ・ウィット」

セカンドウェーブが騒がれ始めた2012年頃、「Outsider Brewing」はオープンしました。それと時を同じくしてブルワリーの2Fに、フレッシュなビールが飲めるパブとして「Hops And Herbs」の営業を開始。歴史ある商店街の一角に“本気のブルワリーができた”とオープン当時から地元のメディアを騒つかせていました。現在、ビール造りを任されているのは、全国的にも珍しい女性ブルワーの小林桃子さん。

ブルワー・小林桃子さん

「Hops And Herbs」には、6種類のレギュラービールがあります。そして、限定ビールが常時2種類ほど。いつ行っても約8種類という、多くのビールを楽しめるのも魅力の一つと言えるでしょう。そんな中でも、造り手本人が飲んでもらいたいと話すのが「ブーケ・ウィット」です。小林さんが考案した自信作でもあるそう。

ブーケ・ウィット ALC5.0%、S(300ml)550円/L(500ml)800円(いずれも税込)

「華やかでフルーティー。すっきりとした爽快感のあるホワイトビールです。口当たりを滑らかにするため、このビールには県産小麦を使用しているのが特徴です。その他にも、山梨の特産である桃の酵母を贅沢に使っています。地域の恵みを、この一杯に閉じ込めた自慢のビールです」と小林さんは話します。

さらにブーケ・ウィットには、ジュニパーベリーやカモミールなど数種類のハーブも入っているため、フワッと花のような香りも楽しめるのです。ビールが少し苦手という女性にも楽しんでもらえる、そんな一杯ではないでしょうか。

何杯でも飲みたくなる、それが「ザ・カウンティーズ・ペールエール」

続いてご紹介するのは、最近流行の「ホップをガツンと効かせたビールが少し苦手なんだよな〜」という方にぜひ飲んでもらいたい、「ザ・カウンティーズ・ペールエール」です。イギリスの伝統あるビール「ペールエール」を軸に、モルトを豊富に香らせたすっきりとした大人な味わいが特徴。何杯でも飲みたくなる安定のビールと言えます。

ザ・カウンティーズ・ペールエール ALC5.5%、S(300ml)550円/L(500ml)800円(いずれも税込)

「何杯でも飲めるビールというのは、すべてのバランスが整っていなければ美味しくならないんです。バランスが重要なだけに誤魔化しが利かず、造るのも難しいと言われています。いろいろなビールを飲み比べてみるのもこの場所の楽しみ方だと思います」そう小林さんは言います。

毎朝6時から仕事を始めます。造りたての美味しさは、山梨でしか味わえないのです
限定ビールがあるから、いつもワクワクさせられる!

そして、最後におすすめするのは変化を続ける限定ビールです。訪れた時は「ゴー・ウェスト・ペールエール」を提案していましたが、7月の終わり頃には毎年の定番人気である「ダイヤモンド・グラフ・サイダー」が店頭に並びだすそう。

レギュラービールとは別に、常時楽しめる限定ビール。写真は、ゴー・ウェスト・ペールエール(取材時の限定ビールです)

「ダイヤモンド・グラフ・サイダー」は、先述の「ブーケ・ウィット」が山梨県産の桃の酵母を使っているのと同じく、特産であるブドウを使用し、その果汁を贅沢に入れたビールです。同県にてワインの醸造を行なっている企業より、マスカットベリーAを譲り受けて造るこの時期だけのもの。わずか一週間しか楽しめないという短期限定販売ということもあり、毎年多くの人がこのビールを求めて足を運ぶと言います。

毎年届くというマスカットベリーA

日々ビールと真剣に向き合い続けているブルワーが推す、おすすめのビールは以上の3つでした。なお、「Hops And Herbs」では、ビールのみならず料理にも力を入れていて、山梨名物である「ほうとう」や「甲斐サーモン」などを使った地産地消のアレンジメニューも味わえます。

甲斐サーモンのフィッシュ&チップス 1,000円(税込)
もちろんその他のメニューも豊富に揃います。習志野ソーセージ2本 900円(税込)
2019年の夏から屋上ビアガーデンもスタートしました(夏だけの期間限定)

ビールが恋しくなるこれからの季節。都心から離れた小さなブルワリーで、ブルワーが自信を持ってお届けする本気のビールを味わってみてはいかがでしょうか? ちょっと山梨にビール飲みに行ってくる!とかって、結構いいと思います。

1Fにあるブルワリーで造られたフレッシュなビールが味わえます

アウトサイダーブルーイング直営店「Hops And Herbs」
住所:山梨県甲府市中央1-1-5 ミヤザワビル
TEL:055-223-2622
営業時間:平日 17:00〜24:00、土日・祝日 12:00〜24:00
定休日:火曜日

取材・文/堀内麻実(anlib株式会社)
女性クリエイターチームで構成されているデザイン会社・anlib株式会社に所属。福祉の視点から山梨を伝えるフリーマガジン「anko」編集長。

編集/くらしさ

Close