Close
山梨県甲府市の「Outsider Brewing」へ、女性ブルワー・小林桃子さんに会いに行く

山梨県甲府市の「Outsider Brewing」へ、女性ブルワー・小林桃子さんに会いに行く

商店街のシャッターが下りている早朝6時。山梨県甲府市の「Outsider Brewing」で、小林桃子さんの一日は始まります。彼女は、クラフトビールの評価を競う国内大会において受賞歴を持つ、本気でビールと向き合う全国的にも珍しい女性ブルワーの一人です。近年のクラフトビールブームの影響もあり彼女の造るビールを求めて、週末にもなると県内外から多くの人がこのブルワリー2階にあるパブ「Hops And Herbs」に集まります。今回は、そんな話題のブルワー・小林桃子さんの素顔に迫りましょう。

この記事は、特集・連載「 全国から厳選!クラフトビール特集」山梨編 Vol.2です。

「Hops And Herbs」のホールスタッフとしてスタート
小林さんが働いていたブルワリー2階の「Hops And Herbs」

「Outsider Brewing」がオープンしたのは2012年。昔ながらの商店街の一角に“本気のブルワリーができた”と地元では大きな注目を浴びました。当時ブルワーを務めたのは、長きにわたり日本のクラフトビール界を牽引してきた丹羽智(にわさとし)さん。丹羽さんは、「Outsider Brewing」に入ってからの7年間で、ビールの総選挙とも言われる「Beer-1グランプリ」3連覇を成し遂げた実力の持ち主です。そんな彼から声をかけられたのが、当時2階のパブ「Hops And Herbs」のホールを担当していた小林さん。

甲府駅より徒歩10分ほどの場所にある、昔ながらの商店街

「毎日お店でビールを注いでいるうちに、このビールはどうやって作られているんだろう?と気になり始めたんです。それから、丹羽さんに少しずつ話を聞くようになりました。そうしているうちに、ビールの造り手になってみたら?と誘ってもらえたんです」と小林さんは、当時のことを振り返ります。

ホールでビールを注ぎながら、造り手の想いを知りたいと感じたそう
笑顔が素敵なブルワー・小林桃子さん

ビールのいろはも知らない彼女が、突然飛び込んだ造り手の世界。始めた頃は、毎日ひたすら樽の洗浄をしていたと話します。丹羽さんからさまざまなことを学び続け、彼のやり方や味、こだわりやクセなど、盗めるものはとことん盗んだ小林さんは学び始めて3年後、造り手としてデビューしました。

レシピは無限大。奥が深いクラフトビールの世界

「クラフトビールは、とても奥が深いんです。モルトやホップ、酵母や水の種類や量によっても、その味は大きく変わります。桜や牡蠣、コーヒーなど、面白いビールも期間限定で作っています。クラフトビールのレシピは無限にあると言えるでしょう。本当に面白い世界です」

2018年に小林さんの師匠である丹羽さんが、他県のブルワリーで新たなチャレンジをスタートさせることが決まりました。丹羽さんのいない今、ブルワーは小林さん1人だけ。彼から受け継いだビール造りの基本と情熱をそのままに、自分らしいビールへの挑戦を続けています。

現在は、ブルワリーを1人で切り回しています

早朝6時から仕込みをスタートさせて、一日500リットルのビールができるそうです。提案するビールは、常時10種類ほど。もちろんフレッシュなビールは、ここ山梨県でしか味わえません。2階にある「Hops And Herbs」と、そこから徒歩3分の場所にある系列店「THE VAULT」の2店舗(「Hops And Herbs」では扱っていないビール2種が飲めます)のみ。その他は、都内の契約しているビアバーなどを中心に卸しているそう。

山梨をビールに閉じ込める

イングリッシュスタイルビールを軸に、常に新しい味を追求している小林さん。近年は、山梨とビールを上手く融合させたビール造りにも力を入れているようです。

「作ったビールはもちろんどれもおすすめではあるのですが、最近で言えばブーケ・ウィットをおすすめしています。滑らかな口当たりのホワイトビールで、県産小麦を使用しているのが特徴。なおかつ、特産である県産桃の酵母も使用し、山梨だから叶えられる味を表現しています。華やかでフルーティー、爽快感のあるビールで、女性にも人気があります」

ブーケ・ウィット ALC5.0%、S(300ml)550円/L(500ml)800円(いずれも税込)

この他にも、山梨県産ブドウの果汁を贅沢に使ったビール「ダイヤモンド・グラフ・サイダー」など、地元の素材を使ったビールのレシピ開発が進んでいるようです。

「流行だけを追いかけるのではなく、何杯でも飲みたくなる基本のビールを軸に、わざわざ訪れてもらえる場所と味を、これからも追求していきたいと思っています」

そう小林さんは、控えめながら芯のある言葉を残してくれました。


アウトサイダーブルーイング直営店「Hops And Herbs」
住所:山梨県甲府市中央1-1-5 ミヤザワビル
TEL:055-223-2622
営業時間:平日 17:00〜24:00、土日・祝日 12:00〜24:00
定休日:火曜日

取材・文/堀内麻実(anlib株式会社)
女性クリエイターチームで構成されているデザイン会社・anlib株式会社に所属。福祉の視点から山梨を伝えるフリーマガジン「anko」編集長。

編集/くらしさ

Close