Close
【ニッポンの希少部位 その壱】「天守建築」のディテールを解説!

【ニッポンの希少部位 その壱】「天守建築」のディテールを解説!

※黄色文字は全て建物の名称です。 写真提供/松本市役所 松本城管理事務所

⑤華頭窓(かとうまど)
天守や櫓などの窓は、その多くが武者窓(格子付き窓)だが、より装飾性の高い華頭窓が設けられたケースも少なくない。花頭窓、花灯窓、火灯窓、架灯窓、瓦灯窓とも表されるこの窓は、上枠が花形、または火炎形の曲線で形成された唐様(中国風)デザインで、鎌倉時代に禅宗寺院に取り入れられ、安土桃山時代には神社や城郭建築などにも多用された。
5. Katoumado
Windows on Tenshu and towers are mostly with grates called Musha-mado, but some of the windows has more details in their designs. Widows that are called Katoumado has design that has flowery or flame like shape on top, which is implemented from China’s design. The designs started to be used during Kamakura era (1185-1333) at Zensouji temple and became more common during Azuchi-Momoyama Era (1558-1600) at castles and shrines.

⑥高欄・廻縁(こうらん・かいえん)
廻縁は建物の周囲を巡る板敷のことで、高欄はそこに取り付けられた落下防止用の手摺り。すなわち高欄・廻縁はベランダなのだが、彦根城や丸岡城のように人が立つことができるベランダとしての機能がないイミテーションもある。なお、高欄・廻縁は天守の最上階に設けられるのが普通だが、松本城では天守ではなく、月見櫓にこれが設けられている。
6. Kouran and Kaien
Kaien are small passage surrounding the building, and Kouran are placed surrounding the Kaien so people would not fall. So, it is just a small balcony, but some of them are just imitations not like ones at Hikone Castle or Maruoka Castle where people can stand on it. Most Kouran and Kaien are placed surrounding the Tenshu, but Matsumoto Castle has their Kouran and Kaien on their Watch Tower.

NEXT > 最後は、「乾小天守」と「渡櫓」を解説!

Close