Close
【恋愛あるある 広島編】デートは「山賊」に「ソレイユ」が定番 !?

【恋愛あるある 広島編】デートは「山賊」に「ソレイユ」が定番 !?

科学的根拠はないものの、土地の文化や環境によって形成される「県民性」。あるあるネタを見ると、つい共感してしまう人も多いのでは? 本連載では、都道府県によって違う「県民性」のなかでもとくに盛り上がる「恋愛あるある」に注目。共感はもちろん、地元民のリアルなデートスポットや恋愛観を覗くことで、日本をよりディープに楽しめること間違いなし! 主に女子目線♡なリアル「都道府県別・恋愛あるある」をお届けします。
記念すべき第1回は、本企画ライターの地元・広島県。ローカル度高めに紹介していきます!

<デート編>

あるある1:「定番デートスポットは宮島。広島市内から近いのに、宮島に行くには船を使うため小旅行感があるし、上陸すれば鹿、海、山、水族館、美味しいモン……と1日中遊べるから。ただし、宮島の神様が嫉妬して、デートで訪れると別れるという噂もあるので自己責任で」

あるある2:「『山賊』大好き! 付き合う前のいい感じの彼を含めた(←ここ大事)グループで行くと、めっちゃ盛り上がる! ドライブ時間がほどよくて道中も楽しいし、お店の非日常感も最高!」
※通称「山賊」は、広島市から程近い山口県岩国市にある「いろり山賊」のこと。山中に突如現れる、山まるごと飲食店の不思議な空間。名物は串刺しになった巨大なチキン「山賊焼き」。夏は滝の近くの席で、冬はこたつ席が鉄板

あるある3:「どこに行こうか迷ったら、とりあえず『ソレイユ』に行けばOK。映画、ショッピング、(広島で)最先端の食事とデートに必要な、ほぼすべてがここで揃う。最近、タピオカミルクティのお店ができました」
※通称「ソレイユ」は、大型ショッピングモールの現「イオンモール広島府中」のこと。開業当初の名称が「ダイヤモンドシティ・ソレイユ」だったため、今でも多くの人がそう呼んでいる

<恋愛観編>

あるある1:「他県の子は、クリスマスまでに彼氏欲しいー!って言うけど、広島人は宇品の花火大会までに彼氏を作りたがる子が多い。広島で最も早く行われる宇品の花火大会は夏の始まりを告げる一大イベントなので、今年の夏に恋人と楽しめるかひとりぼっちかを決める感じがする」

あるある2:「お好み焼きの食べ方で、相性の良し悪しを判断する。例えば、お好み焼きへのトッピングを、ねぎくらいでシンプルに味わいたい私は、もち、明太子、キムチ…と大量のトッピングをするメンズを見ると、価値観が合わないのでは…と不安になる」

あるある3:「流川界隈のお店でご飯を食べると、帰り道が気まずい。でも流川には美味しいお店が多いし、中心地で便利じゃけ行くんじゃけど……」
※流川地区は、全国でも有名な歓楽街。露骨にセクシーなお店やホテルが多いので、どんな顔をしていいのか、どんな会話をしていいのかわからない微妙な空気が流れる


取材・文/大西マリコ
ライター/西洋占星術家。ライターとして美容ジャンルをメインに取材執筆する一方、幼い頃から学び続けている西洋占星術を用いて占い師としても活動中。個人鑑定のほか、ライター業を活かし、美と天体を絡めたコンテンツ作成も得意。
http://mariko-onishi.com/blog/

写真/中村玲衣

Close