Close
【動画あり】アレはナンだ!? 南房総ドライブでチラチラ目にする巨大仏像の正体【千葉・富津】

【動画あり】アレはナンだ!? 南房総ドライブでチラチラ目にする巨大仏像の正体【千葉・富津】

胴体まで飛び出している

アクアラインで千葉県・房総半島に渡ると、ときおり見え隠れする巨大な白亜の仏像。それこそが富津市にそびえ立つ「東京湾観音」です。高さは牛久大仏の半分ほどの56mながら、標高124mの大坪山の山頂に建てられているせいかなかなかの存在感。

 

どことなく微笑んでいるようにも見える

この東京湾観音、もとは昭和36年に材木商の宇佐美政衛氏によって、第二次世界大戦の戦没者慰霊と世界平和を祈念し私財を投じて建立されたもの。原型は鴨川市出身でサイゴン国際美術展で金賞にも輝いた彫刻家の長谷川昂氏によるもので、観音像の胎内にも同氏による仏像が数多く展示されています。

なお胎内にエレベーターはなく324段の螺旋階段をただひたすら登るだけ。なまった足腰にビキビキ効くこと請け合いです。もっとも1階ごとに仏像が展示されているので、それを鑑賞しながら登れば飽きることはありません。とはいえ20階ともなると、さすがに疲労困憊。19階の展望台にたどり着いたときには感動もひとしおで、東京湾を見下ろす景色がサイコーです。

今回は特別に許可を得て、東京湾観音をドローンで空撮しました。普段は見下ろすことしかできない観音像を、さまざまな角度からお楽しみください。


東京湾観音
住所:千葉県富津市小久保1588
駐車場:70台(無料)
アクセス:JR内房線佐貫駅より2km、館山自動車道・富津中央ICから5分

取材協力
東京湾観音 http://www.t-kannon.jp/
東京湾フェリー http://www.tokyowanferry.com/

撮影・取材・文/熊山准
ライター、アーティスト。リクルートを経て『R25』でライターデビュー。好きなものは旅と山とアート。連載『朝日新聞デジタル&TRAVEL』『Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラム』『サイゾー』ほか。自身のアバターぬいぐるみを用いたアート活動もおこなっている。1974年徳島県生まれ。http://www.kumayama.com

Close