Close
アクアパッツァも楽勝です【週末ダッチオーブンレシピ #04】

アクアパッツァも楽勝です【週末ダッチオーブンレシピ #04】

この記事は、連載「週末ダッチオーブンレシピ」の#04です。

ダッチオーブンの特性のひとつ「圧力鍋効果」は、魚介料理でこそ実感できるはず。なにしろ短い時間で仕上がります。今回のアクアパッツァも加熱時間が10分程度。それでも魚やら貝やらの濃ゆ~いダシがこれでもかっ!ってほど染み出してきて、スープが旨いのなんのって。見ためもまたSNS映えしそうなグッドルッキンぶりで、ぜひ一度お試しください。

煮込んでもふっくらと仕上がるメカジキ♪
「カジキマグロのアクアパッツァ」を美味しく作るコツ

アクアパッツァは「くるった水、風変わりな水」という意味を持つ南イタリア伝統の漁師料理で、簡単に言うと魚介の煮込み。本来はマダイなんかを丸ごと一尾使う料理ですが、小さめの鍋なら切り身がベター。火の通りも早いし、骨がないから食べるのもラクですしね。今回使ったメカジキは煮込んでもふっくらと仕上がるので、アクアパッツァにはうってつけです。ローリエ(ベイリーフ)は一緒に煮込むと、キリッとした芳香が出て臭み消し効果が。ただし長く煮込むと苦み成分が出るので、完成後は取り出して。

【材料 2~3人分】

メカジキの切り身 2 枚/ミニトマト 4個/ホタテ 5個/砂抜きしたアサリ 12個/オリーブ 8個/ローリエ 1枚/生タイム 数本/オリーブオイル 50cc/ニンニク 1片/塩・ブラックペッパー 各適量

【作り方】

1:メカジキを一口大に切って全体に塩をふり、ミニトマトは半分に。
2:ホタテ、アサリ、オリーブ、ローリエ、タイム、オリーブオイル、潰したニンニクを鍋に入れ、水30mlを加えて強火に3分ほどかける。
3:沸騰したら弱火で5~10分ほど煮込み、アサリの殻が開いたら出来上がり! 仕上げにブラックペッパーをふる。


本誌『Begin』でも好評連載中。材料を入れるだけで、鉄鍋が勝手に美味しくしてくれる!ダッチオーブンレシピ集。

入れるだけ~♪のダッチオーブンレシピFILE
(世界文化社)
定価:本体630円+税

レシピ/小雀陣二 写真/藤沢徳彦 北生康介
●ロッジ・サービングポット/内径20×高さ7.1cm 7,300円(エイアンドエフ)

Close