Close
【福井・鯖江】1ミリ以下の超絶技巧に世界のメガネ好きが驚嘆

【福井・鯖江】1ミリ以下の超絶技巧に世界のメガネ好きが驚嘆

一見すると、シンプルなメタルフレームのメガネ。ですが、クラシカルな風格を生んでいるのが“ミル打ち”と呼ばれる技。よく見ると、フロントに1ミリ以下の細やかな点が連続して施されているのです。

通常メガネのミル打ちは、設計データをもとに金型のマスターに機械で打刻するのが主流ですが、「アイヴァン 7285」は熟練の彫り師による手彫りのマスターを使用。そのため微妙にバラつきのある点となり、アンティークのような味のある風合いを生み出しています。しかもフロントの裏側まで同様にミル打ちを施すというこだわりよう。手間もコストも倍かけて、一切抜かりのないデザインに仕上げているのですね。

技巧は凝りに凝りながら、見た目はスマート。こんなの日本の鯖江でしか作れない! というわけで、世界のメガネ通を唸らせているのです。

リムからテンプル(つる)につながるメガネの両端部分を高い位置に設定した独自性あるデザイン。ブリッジとパッドが一体の「マンレイ」技法を用いている。レンズ留めのネジは鼻裏にすっきり格納。
福井・鯖江で製造するブランド「アイヴァン 7285」でも、とくに海外で人気のモデル。チタン板のプレス一体成型で耐久性も文句なし。「156」4万7000円(アイヴァン 7285 トウキョウ TEL.03-3409-7285)

[ビギン2019年10月号の記事を再構成] スタッフクレジットは本誌をご覧ください。
商品価格は原則として本体価格であり、2019年7月31日現在のものです。

Close