Close
【宮城・仙台】“おいしいビールが飲みたい”醸造長の思いで進化を続ける「仙南クラフトビール」

【宮城・仙台】“おいしいビールが飲みたい”醸造長の思いで進化を続ける「仙南クラフトビール」

この記事は、特集・連載「全国から厳選!クラフトビール特集」宮城編 Vol.1です。

JAみやぎ仙南が運営する「仙南シンケンファクトリー」が手掛ける「仙南クラフトビール」。ビール好きが高じて造り手となった醸造長の岡 恭平さんは、好きだからこそおいしいビール造りを追求し、新たな取り組みを次々と行っています。入社から数年で数々の受賞や新商品の開発、生産量拡大と実績を重ねてきた岡さんに、ビール造りについて伺いました。

ビール工房とレストランが入る仙南シンケンファクトリーの「ドイチェスハウス棟」
造りたてのビールと地域の農産物を使ったメニューを提供

仙南シンケンファクトリーは、宮城県の仙南地区2市7町のJAによる仙南農産加工農業協同組合連合会(仙南加工連)が事業化に取り組み、1997年、角田市内に誕生しました。ドイツ語でハムを表す「シンケン」が名に入っていることからもわかるように、当初はハム・ソーセージの製造を主にしていましたが1994年の規制緩和で全国に地ビールのブルワリーが増えた流れの中で仙南クラフトビールの製造も事業の一つになります。

そんな仙南クラフトビールを、ビアファクトリーに併設されたビアレストラン「ドイチェスハウス」でいただきました。醸造長の岡さんに選んでもらったのはヴァイツェン、ササニシキIPA、スタウトの3種類。

慣れた手つきでビールを注ぐ醸造長の岡さん
左からヴァイツェン、ササニシキIPA、スタウト(グラス400ml、各税込600円)

ヴァイツェンはバナナやクローブのような香りが特徴で、後を引くフルーティーな味わい。スタウトは6種類のモルトをブレンドして長期熟成させる重厚な香りと味わいで、すっきりとした後味も印象的でした。ササニシキIPAは副原料に使う米のほのかな甘みが感じられ、ホップのしっかりとした苦味とグレープフルーツのような香りが特徴です。

ドイチェスハウスでは9市町で生産される農産物からJAの営農担当者が特に薦める旬の食材を生かした料理を提供しています。ランチタイムのメニューは、宮城蔵王産JAPAN Xポークロースのソテー、ビーフシチュー、蔵王山麓たまごを使ったオムライス、角田産トマトをふんだんに使ったナポリタン、ハム職人によるシンケンプレートなど。夜は、4人以上の予約制でコース料理が用意されています。夏には、屋外ビアガーデンバーベキューも。

造りたてのビールと、地域の旬の食材を使った料理が味わえるドイチェスハウス
仙台牛をやわらかく煮込んだビーフシチュー(ランチセット 税込1,500円)
職人が手掛けるウインナーと厚切りハムを盛り付けたシンケンプレート(ランチセット 税込1,280円)
「ササニシキIPA」など新商品を積極的に開発し、県外へ

岡さんは大学で農学を学んだ後、「仙台みそ」を製造する会社に入社し、約10年研究開発などに携わります。その後、もともと大好きだったビールを自ら造りたいと思うようになり、2013年に転職。少人数で製造するマイクロブルワリーなので、入社してすぐに実践するようになり、一連の工程や理論、機械や器具の使い方を教わりながら仕込みを繰り返しました。

大学や前職での知識や経験が生き、ビール造りの流れを把握することには苦労しなかったといいますが、ビールならではの特性もありました。「みそでしたら塩分という最強に耐塩性のものが含まれていますが、ビールは90%以上が水分なので、少しでも雑菌などに触れるとビール全体が一瞬で汚染されてしまう。とても繊細なんだなと驚きました」と振り返ります。

入社当時を振り返る岡さん

当時はピルスナー、ヴァイツェン、古代米エール、スタウトの4種類が定番で、ドイチェスハウスで提供するぶん以外はほとんど造らず、生産量は年間15~16klにとどまっていました。岡さんは「角田で造って地元で売るだけでなく、仙台、東京に持っていって多くの人に飲んでもらいたい」と積極的な外販を始めます。

さらに、「古代米といっても県外の方には伝わらない」と感じ、宮城県らしさを一目で示せるように使う米をササニシキにし、スタイルも流行の兆しを見せていたウエストコーストスタイルのIPAに変えた「ササニシキIPA」を開発。その後、女川のクラフトビール店「ガル屋」とのコラボにより生まれた「女川ホップペール」もラインナップに加え、現在は5種類を定番としてそろえています。

さまざまな限定ビールも開発している
「インターナショナル·ビアカップ」で金賞を含む5年連続受賞

「モルト、酵母、ホップの組み合わせや量、タイミングを変えることで、全く異なるおいしいビールができることがビール造りのおもしろさです」と岡さん。アメリカが発信元となって新しいスタイルのビールが生まれている昨今、そうした新たなトレンドを取り入れながら、定番の品質も上げています。「やっぱり定番あっての新商品、限定品ですので、定番の味もよりおいしくなるように試行錯誤しています」と明かします。

そんな岡さんの熱心な取り組みが実を結び、ヴァイツェンは日本地ビール協会主催の「インターナショナル・ビアカップ」で2014年から5年連続受賞。2015年には金賞も受賞しました。その実績や続々と開発する限定ビールを引っ提げて、首都圏で開かれるイベントに出店。訪れるビアバーの店主に売り込み、取り引きを増やし、現在の生産量は60klまで拡大しました。

ドイチェスハウスの入り口に飾られている数々の賞状

岡さんは東北のブルワリーが集まり世界に通用するビール造りをするために技術の研鑚に取り組む「東北魂ビールプロジェクト」にも参加。各ブルワーと意見交換をしたりレクチャーを受けたりしながら知識を深め、技術を磨き、さらなる向上に励んでいます。その貪欲な姿勢の源は何かと問うと、「おいしいビールを飲みたいだけです」との答え。「自分で造って、『あ、うんめえ(おいしい)な』と工場で言っているんですよ」と笑います。

ビール造りで大切にしているのは、「モルトならモルト、ホップならホップの持っている良さや特徴、ポテンシャルを最大限に発揮させること」と岡さん。「ビールはブルワーが造るのではなく酵母が造るんです。酵母が動きやすい環境をつくってあげるのがブルワー。きれいなタンクにきれいな麦汁を入れて、あとは『酵母さん、お願いします』という感じですね」と笑顔で話すその眼差しから、ビール造りに対する真摯(しんし)な姿勢が伝わってきました。

「おいしいビールを造って、皆さまのお越しをお待ちしています」

仙南シンケンファクトリー
住所:宮城県角田市角田字流197-4
TEL:0224-61-1150
定休日:第2・4水曜
営業時間:ランチタイム11:00~14:30(ラストオーダー14:00)、ナイトタイム17:00~21:00(完全予約制)
URL:http://www.ja-miyagisennan.jp/einou/1417.html

撮影・取材・文/菊地正宏
大船渡生まれ仙台在住のライター/漁業ジャーナリスト/編集者。仙台経済新聞編集長。サシ飲み教、徒歩部、ファミコンナイトなどの活動を行う。きき酒師。

編集/くらしさ

Close