Close
ジャンバラヤを炊く。おこげも美味!【週末ダッチオーブンレシピ#10】

ジャンバラヤを炊く。おこげも美味!【週末ダッチオーブンレシピ#10】

この記事は、連載「週末ダッチオーブンレシピ」の#10です。

ルイジアナ州の庶民の味、ケイジャン料理の一種であるジャンバラヤ。これをアメリカの庶民の鍋であるダッチオーブンで炊けば旨くないはずがありません。
鶏肉と一緒に炊き上げるスパイシーな炊き込みご飯は、刺激的な辛さが食欲そそりまくり。香ばしさアップの「おこげ」もうまく付けられれば、もうキャント・ストップ!です。

火を止める直前に強火にし、おこげを付けても旨い
「ジャンバラヤ」を美味しく作るコツ

スパイシーなチョリソーは具材としてマスト。また鶏肉を小さく切ったら、切り口に塩を擦り込むように揉み込んでおきましょう。これで味が決まりやすくなります。

【材料 作りやすい分量】

米 2合/鶏モモ肉 200g/タマネギ 1/2個/ピーマン 1個/ニンニク 1片/チョリソー 2本/バター 40g/クミン 小さじ1/ブイヨンパウダー 5g/トマトペースト 1袋(18g)/パプリカパウダー 小さじ1/塩 大さじ1/ブラックペッパー 適量

この状態から16分程度で出来上がり
【作り方】

1:鶏肉は一口大にカットして塩を揉み込み、ニンニクは潰し、タマネギは細かく刻み、チョリソーはスライスする。
2:10分水に浸した米、具材、調味料、水360ccを鍋に入れ、強火で3分ほど、沸騰したら中弱火で8分ほど加熱。水気が残っていたら、さらに1~2分炊く。おこげを付けるなら、火を止める直前に強火に。
3:火を止めて5分ほど蒸らし、刻んだピーマンをちらしてブラックペッパーをふったら出来上がり!


本誌『Begin』でも好評連載中。材料を入れるだけで、鉄鍋が勝手に美味しくしてくれる!ダッチオーブンレシピ集。

入れるだけ~♪のダッチオーブンレシピFILE
(世界文化社)
定価:本体630円+税

レシピ/小雀陣二 写真/藤沢徳彦 北生康介
●ロッジ・サービングポット/内径20×高さ7.1cm 7,300円(エイアンドエフ)

Close