Close
【ニッポンの希少部位 その参】「和室」のディテールを解説!

【ニッポンの希少部位 その参】「和室」のディテールを解説!

ニッポンの希少部位 その参/Rare Parts of Japan vol.3
今回のお題:和室/Topic: Details of the Japanese traditional rooms, “WASHITSU”.

知っているつもりが、実はよくわかっていない、そんな日本伝統の建物や道具、服飾などのディテールを解説していく「ニッポンの希少部位」。今回のテーマは和室です。今更感がありましょうが、それら部位の基礎知識に触れることで、日本人としての暮らしを見直すきっかけにしてもらえたら嬉しく思います。また、英訳を併記していますので、日本文化に興味を持っている海外の皆さんにも、ここから和室のユニークさと魅力を知ってほしいのです。
The “Rare Parts of Japan” explains the details of Japanese traditional buildings, tools, or dresses that you might think you know well, but really know little about. Today’s topic on the “Rare Parts of Japan” is “WASHITSU”, a Japanese traditional room. This topic might feel little too late but touching the basics of the “WASHITSU” might be good opportunity to re-examine the ways to live as Japanese. There will be an English translation also, so those who has interest in Japanese cultures can learn about the charm and their uniqueness of the “WASHITSU”.

季節に寄り添いつつ、穏やかに時を過ごせる和の空間
An Oriental space, where you can spend nice and quiet time feeling the breeze of the seasons.

疲れを感じ、そのままゴロッと寝転べば「やっぱり畳っていいなぁ」なんて思ったりしますよね? 和室(日本間とも呼ばれます)は、畳が敷き詰められた和風の部屋のこと。「和室」という言葉は明治以降、洋室に対するものとして登場しました。
When you feel little tired and just lying on the floor, you might appreciate the presence of “TATAMI” (A Japanese straw floor). The “WASHITU” or a “NIHON-MA” is a room with “TATAMI”. The word “WASHITU” was born during Meiji-Era (1868-1912) as an antonym of “YOUSHITSU” (European styled rooms).

和室を座敷と呼ぶこともあります。座敷は鎌倉時代中頃、武家が来客に酒を供する空間として現れ、のちに書院造りの主室として広がっていきました。書院とは、武家住宅において書斎を兼ねた居間のことを指します。
“WASHITSU” is also known as “ZASHIKI”, which appeared as a room where Samurai greeted their visitors during Kamakura-Era (1185-1333). Then, it stared became a living room with a function of a study for Samurai.

これが近現代になって一般住宅にも取り入れられ、客間として、あるいは亭主が起居する部屋として定着していきました。ちなみに、こうした家の中核をなす座敷には、床の間と呼ばれる装飾的な空間が設けられているのが普通です。
In modern days, this room was implemented to regular homes as a guest room or a room where the homeowner sleeps in. Also, main rooms like “ZASIHKI” has a decorative space called “TOKONOMA”.

伝統的な和室は木材やイグサ(藺草)、和紙など天然素材で構成されており、また、畳敷きゆえにスリッパなどを必要としないため、足元からリラックスした時間を過ごすことができます。
Traditional “WASHITSU” are made with natural materials such as wood, rush grass, and “WASHI” (Japanese papers). Also, the floors are made with “TATAMI”, so you don’t need any kind of slippers, making your feet very comfortable and relaxing.

和室は障子や襖(ふすま)などの建具でゆるやかに仕切られており、それらを取り外すことで空間のサイズを変えることが可能。また、座卓や座布団、寝具などを出し入れすることで会食から団欒、書斎、寝室と、用途を変えることができる多目的空間でもあります。
“WASHITSU” is separated by a “SHOJI” or “FUSUMA” (a partition/sliding door made with light wood and Japanese papers), and you can take them apart to change the size of the room. Also, it is very easy to change the purpose of the room by just using different furniture such as tables and chairs, desk, or beds.

障子を介した陽光がおぼろげに変わって部屋を照らし、窓を開ければ、襖越しに風が静やかに流れ込む。床の間に四季折々の草花を飾り、庭を眺めて季節のうつろいを愛でる。和室とは自然に寄り添い、それをさりげなく取り込みながら穏やかに日々を過ごす、日本人の暮らしを体現しているとも言えるでしょう。
The sunlight changes to softer light by passing through “SHOJI” and once you open the window, nice calm breeze passes through. Each season, different flowers are displayed at “TOKONOMA” making beautiful combination with garden, a beautiful sight showing the changes of the season. “WASHITSU” is a room lay side by side with the nature and take the nature in very gently, which you can say it embodies the peaceful livelihood of Japanese people.

NEXT > 次ページから各部位を解説します!

Close