Close
【桜と紅葉のコラボ】愛知で一風変わった“紅葉狩り”はいかが?【レアな黄葉も】

【桜と紅葉のコラボ】愛知で一風変わった“紅葉狩り”はいかが?【レアな黄葉も】

気温も下がってきて、いよいよ本格的な紅葉シーズンに突入! そろそろ秋の行楽として“紅葉狩り”を計画されているかたも多いのではないでしょうか。今回オススメするのは、東京からの日帰りもできちゃう愛知県。「行ってよかった紅葉スポット」として紹介されることも多い「香嵐渓」はじめ、まだあまり知られていない穴場まで、愛知で見られるとっておきの紅葉スポットをご紹介します。今年の秋は“日帰り紅葉旅”を愛知で楽しみませんか?

愛知といえば香嵐渓! 3時間かけて行く価値ありの紅葉の名所

東京から名古屋まで新幹線で1時間半。そこから名鉄、そしてバスを乗り継ぎ、約3時間でたどり着くのは、イロハモミジやオオモミジなど11種のカエデが約4000本立ち並ぶ、日本でも有数の紅葉の名所「香嵐渓」。「本当に行ってよかった!紅葉スポットランキング」(ウェザーニュース社)で一位に選ばれたこともあり、地元の人だけでなく遠方からの紅葉狩り客も魅了します。

11月は「香嵐渓もみじまつり」が開催され、期間中は日没後から巴川のカエデがライトされ、昼とは違った趣に。香嵐渓のシンボルとも言われる、全長43mの朱色の待月橋と、巴川の水面に映るライトアップされたカエデのコラボレーションはまさに絶景です。

香嵐渓もみじまつり
開催時期:11/1(金)~11/30(土) 9:00~21:00(日没から21:00まではライトアップ)
開催場所:豊田市足助町飯盛(足助・香嵐渓広場)


日本でここでしか見られない! 1万本の桜と紅葉のハーモニー

四季桜という、春と秋の年二回花を咲かせる桜を知っていますか?
豊田市小原地区にある約1万本の四季桜は秋に満開を向かえるため、11月中旬になると紅葉と入り混じったレアな絶景を楽しめます。

桜の名所・紅葉の名所は日本全国にありますが、これだけ多くの四季桜と紅葉を同時に楽しめるのは日本でもここだけです!

豊田市小原四季桜まつり
開催期間:11/1(金)~11/30(土)※小原ふれあい公園のみ11/9から
開催場所:豊田市小原地区
会場:小原ふれあい公園(メイン会場)、和紙のふるさと、川見四季桜の里、北部生活改善センター


今年はあえて“黄葉”を楽しむ!? 1万本のイチョウが彩る一面黄金色の世界

名古屋駅から最寄りの名鉄・尾西線山崎駅まで約30分。稲沢市祖父江町は生産量日本一を誇る「銀杏の町」。山崎地区を中心に、1万本以上のイチョウがあり、見頃となる11月下旬~12月上旬には町全体が黄金色に染まります。

黄金色に染まる町は、いたるところにイチョウのトンネルや絨毯が。今年は一味違った“黄葉”を楽しんでみるのもいいですね!

第22回そぶえイチョウ黄葉まつり
開催期間:11月23日(土・祝)~12月1日(日)
開催場所:山崎会場(全期間)稲沢市祖父江町山崎柳野11、祖父江町体育館会場(11月23日、24日)稲沢市祖父江町山崎下枇486-1

イチョウの木ライトアップ
開催期間:11月23日(土・祝)~11月30日(土)
開催時間:17:00~21:00

Close