Close
朝焼けの雲海が目の前に広がる絶景温泉&大浴場5選

朝焼けの雲海が目の前に広がる絶景温泉&大浴場5選

天空の城「竹田城」がきっかけとなり、今や空前の「雲海」ブームが訪れている。民家や道路などの人工物が姿を消し、山間部に雲海が広がる景色は、息をのむほど幻想的です。そんな絶景の雲海が秋から冬に見られるスポットは、全国に点在しています。

ただし、雲海を眺めながら温泉や風呂に浸かれる場所は、それほど多くありません。今回は、そうした普段見ることのできない幻想的な雲海を楽しめる大浴場や露天風呂を備えた宿を、厳選してご紹介します。

なお、雲海が見られるかは時間や気温、天候によります。一般的に季節は春や秋、湿度が高く、なるべく無風の日が良いといいます。また時間は夜明け前から遅くとも午前中、山間部や盆地を見下ろせる場所だと確率が高くなります。

今回ご紹介する宿でも、毎日雲海が見られるわけではありませんが、“雲海が見られる=屈指の絶景ビューポイント”ということで、ぜひオススメしたいスポットです。

まつだい芝峠温泉「雲海」/新潟県

眼下に雲海や棚田が広がる山あいの秘湯

新潟県の南部に位置する十日町市。魚沼コシヒカリの産地として知られ、川沿いには水田が、山間地には棚田が広がる土地です。そんな、山々と棚田が見渡せる標高380mの高台に位置する温泉が、芝峠温泉「雲海」。その名の通り、寒暖差の大きい春と秋には、眼下に広がる雲海を楽しみながら入れる展望露天風呂を備えています。

まつだい芝峠温泉「雲海」は2つの源泉を有しています。内湯には泉温約27.3℃の無色透明、無臭なナトリウム塩化物泉。また、露天風呂の源泉は約46.7℃で淡黄色透明。いずれも塩分濃度が高いため体を芯からぽかぽかにし、保温効果も強いです。

一般的な宿泊プランはもちろん、季節によっては松代(まつだい)の棚田などの撮影ポイントをスタッフが案内してくれる「フォトプラン」が用意されています。また日帰り食事プランのほか、日帰り温泉も楽しめます。

まつだい芝峠温泉「雲海」
新潟県十日町市蓬平11-1
電話:025-597-3939
宿泊料金:14,800円~(平日1泊2食、1室2名)
日帰り入浴:中学生以上600円、小学生300円
日帰り入浴の営業時間:10:00~20:00(季節変動あり)
URL:https://shibatouge.com/

赤倉温泉 赤倉観光ホテル/新潟県

貴賓も滞在する、由緒あるホテルで愉しむ極上の雲海ビュー

妙高山の中腹、標高約1,500mの地に1937年に建てられたのが、赤倉観光ホテル。日本における高原リゾートホテルの草分け的な存在として、昭和天皇をはじめ各国の貴賓や要人も迎えてきたホテルです。窓の外からは、信越の山々の壮大なパノラマビューが広がります。

2009年12月にオープンした、露天風呂からも眼下に広がる雲海を眺められることも。この露天風呂と大浴場、また露天風呂付き客室は、赤倉温泉の源泉かけ流し。炭酸水素塩泉・硫酸塩泉の2つの泉質を併せ持ち、「美肌づくり」や「傷の治癒」に定評があります。

一般的な宿泊プランのほか、ランチまたはディナーと温泉入浴が組み込まれた日帰りプランが用意されています。各国の貴賓も滞在する由緒あるホテルで、極上の食事と温泉が堪能できるのです。

赤倉温泉 赤倉観光ホテル
住所:新潟県妙高市田切216
電話:0255-87-2501
宿泊料金:24,000円〜(平日1泊2食、1室2名)
URL:http://www.akr-hotel.com/

王ヶ頭ホテル/長野県

標高2,000mにある雲海を見下ろしながら浸かれる展望風呂

八ヶ岳中信高原国定公園内、美ヶ原高原の王ヶ頭(おうがとう)山頂の標高2,000m超の場所に位置するホテル。その最上階にある「天空貸切風呂」からは、晴れた日中であれば富士山や北アルプスなどの峰々を展望できるほか、夜には地平線にまで広がる星空が眺められます。大浴場にも展望風呂と半露天風呂を備えるほか、展望風呂付き客室が充実し、四季折々の景色を楽しめます。

美ヶ原高原の山頂という立地から、雲海を眺めながらの湯浴み(ゆあみ)だけでなく、星空を眺めたり、高山植物を探したり、雪上車クルージング、撮影ポイントをバスで巡るなど、ホテルが用意するアクティビティが豊富です。

また木のぬくもりを感じさせるカフェスペース「日帰りカフェ2034」では、宿泊客以外でも、景色を堪能しながら食事が楽しめます。そのほか日帰り入浴にも対応しています。雲海を見に美ヶ原へ行ったときには、カフェやお風呂で体を温めるのもいいですよ。

王ヶ頭ホテル
住所:長野県松本市入山辺8964
電話:0263-31-2751
宿泊料金:18,500円~(平日1泊2食、1室2名)
日帰り入浴:1,000円
日帰り入浴の営業時間:14:00〜15:00
URL:https://www.ougatou.jp/

高峰高原ホテル/長野県

雲海はもちろん、天体観測にも最適!

浅間連峰の北側にある標高2,000mの高原地帯。人里からも程よく離れているため、天体観測の名所としても知られる。そんな高峰高原からは、雲海が見られるチャンスも多い。大浴場やレストラン、スカイラウンジからは八ヶ岳連峰を一望でき、晴れていれば遠くに富士山が見られます。

ホテルからは高峰山や黒斑山(くろふやま)などハイキングやスノーシューに最適なエリアが広がります。朝食前には、スタッフが案内してくれる「早朝雲海ツアー」を、夕食後には「星空案内ツアー」が毎日無料で開催されます。朝には雲海を、日中には峰々を眺め、夜には星空を見上げる……そんな絶景尽くしの一日を過ごせる宿です。

源泉は36℃のナトリウム塩化物泉で、体を芯までぽかぽかに温めてくれます。絶景が見られる大浴場は、日帰り入浴や日帰りでの部屋利用にも対応しています。

高峰高原ホテル
住所:長野県小諸市高峰高原704
電話:0267-25-3000
宿泊料金:12,000円〜(平日1泊2食、1室4名)
日帰り入浴:800円(夏季)/500円(冬季)
日帰り入浴の営業時間:11:00〜18:00
URL:https://www.takamine-kougen.co.jp/

湯宿 小国のオーベルジュ わいた館/熊本県

大人にこそオススメしたい小さな温泉宿

熊本県と大分県に跨がる涌蓋山(わいたさん)の麓に点在する6つの温泉が集まる「わいた温泉郷」。山あいの至るところで温泉の湯気が立ち上る、のどかで静かなエリアです。そんな自然に囲まれた温泉郷にある夫婦で営む小さな宿が、近年リニューアルした「湯宿 小国のオーベルジュ わいた館」です。

屋上の展望桶風呂「天空の湯」からは、水墨画のような雲海が望めるほか、山の稜線に沈む夕焼けも絶景。そのほか宿には「竹林の湯」など、4つの貸切風呂が楽しめます。お湯は、乳白色や淡いブルーなど、日によって色を変える神秘的なにごり湯。メタケイ酸(保湿成分)を多く含む美人湯です。

地元の小国町や熊本県産の食材にこだわった、フレンチに和のテイストを織り交ぜた料理も好評です。温泉や絶景、さらに食事と、大人の贅沢な時間が過ごせます。

湯宿 小国のオーベルジュ わいた館
住所:熊本県阿蘇郡小国町西里3006-2
電話:0967-46-4553
宿泊料金:30,000円前後〜(平日1泊2食、1室2名)
URL:http://www.waitasansou.com/

 

取材・文/河原塚英信
造園業界を経てトレンドモノ情報誌の編集者へ。各地の庭園や城をめぐり、木々の剪定の技や、石垣の石組みなどを見て回っている。現在は、主にデジタルガジェットや家電製品を紹介するフリーランスライター。

Close