Close
【恋愛あるある 山口編】鳥居に石を投げると願いが叶う!? デートは大自然ドライブがお好み♪

【恋愛あるある 山口編】鳥居に石を投げると願いが叶う!? デートは大自然ドライブがお好み♪

科学的根拠はないものの、土地の文化や環境によって形成される「県民性」。あるあるネタを見ると、つい共感してしまう人も多いのでは? 本連載では、都道府県によって違う「県民性」のなかでもとくに盛り上がる「恋愛あるある」に注目。共感はもちろん、地元民のリアルなデートスポットや恋愛観を覗くことで、日本をよりディープに楽しめること間違いなし! 主に女子目線♡なリアル「都道府県別・恋愛あるある」の連載第7回は、「山口県」です。

<デート編>

あるある1:「遠出をしたくなったら、福岡か広島へ行く。行く度に都会になる両県に毎回驚き、憧れを持つが、山口に戻ると『山口はのんびりしてて、やっぱ落ち着くよね〜』と結局山口県が大好きな山口県民なのでした」

あるある2:「大自然に癒やされたい時は『秋吉台』が定番。『カルストロード』を車で走ると気持ちよすぎる。夏は涼みに行くために『秋芳洞』にも寄り、時間があれば『サファリランド』にもいけるので最高のデートコースになる」
※秋吉台は、山口県美祢市の中・東部に広がる日本最大のカルスト台地。特別天然記念物に指定されており、壮大な景色のなかドライブを楽しめる。近くには、秋吉台の地下に広がる巨大鍾乳洞「秋芳洞」がある

あるある3:「山口県デートといえば、『角島』は外せない! とにかく、海が綺麗すぎて最高! しかし、天気が悪いとせっかくの絶景がイマイチになるので注意。角島灯台に登って、写真を撮るのが定番です。昔から県民のデートスポットですが、近年インスタなどでさらに人気になり、角島の橋を渡る前の道路が写真を撮る人で混み合うことが多いのがちょっと残念」

<恋愛観編>

あるある1:「言葉の語尾に『〜っちゃ』とつけることが多く、県外に出るとそれが可愛いと異性から人気が出る(例:楽しいよ→楽しいっちゃ)ただ、アニメの『うる星やつら』のラムちゃんと同じだと面白がられることもあり。県外で山口県民に出会うことが少ないので、出会った時は親近感が湧きテンション上がって恋に発展することもある」

あるある2:「山口の人は、神社の鳥居を見つけると石を投げる。うまく鳥居に載せれば願いが叶うと小さい頃から教えられていて、当たり前にやるのだが、県外出身の人と付き合っている時に、急に石を投げて驚かれたことがあります」

あるある3:「山口県民は『瓦そば』を好む。自信満々に県外出身の恋人を連れて行くと、『瓦で焼くの?』と笑われる。お店だけでなく、ホットプレートを使用して家で作って食べることもあり、県外の人と付き合うと一度は驚かれるが、味はスゴくうまい!」
※下関市豊浦町発祥といわれている、山口県の郷土料理。熱した瓦の上に茶そばと具を載せて、温かいめんつゆで食べるのが基本スタイル。近年、某人気ドラマに登場して話題になった


取材・文/大西マリコ
ライター・西洋占星術家。ライターとして美容ジャンルをメインに取材執筆する一方、幼い頃から学び続けている西洋占星術を用いて占い師としても活動中。個人鑑定のほか、ライター業を活かし、美と天体を絡めたコンテンツ作成も得意。
http://mariko-onishi.com/blog/

Close