Close
コロコロ不要の「背負える」トロリーなら旅行も手ぶらで

コロコロ不要の「背負える」トロリーなら旅行も手ぶらで

空港までの電車、エスカレーター、旅先での思わぬ悪路……。トロリーケースって、ちょっとした旅ではちと面倒。実は皆さん、そう思っていません? そこで画期的なのがこちら、名づけて「ショエル(背負える)トロリー」!

キャスターこそ付いていませんが、メイン室は三方ガバッと開いて一目瞭然。旅の荷物を整理整頓しやすい収納スペースになっています。これを手ぶらで持ち歩けるって、心までストレスフリー。これからはショエルトロリー一択じゃないですか?

エバーグッズ「シビック トランジットバッグ 40L」─ 硬派なミニマル顔が男ゴコロをくすぐる
2018年にデビューした米国の新鋭。トロリーの収納性だけでなく、バックパックとしての
快適な背負いやすさを追求。ボディとハーネスの間のマチも、その工夫の一つだ。ジャケットやガジェットも整理しやすく、タフに保護。W28×H40×D20cm。3万9000円(サンウエスト TEL.03-3544-2751)

ミステリーランチ「ミッションローバー」─ バックパックの整理のしやすさは圧巻
メイン室は180度開き、左右に広々とメッシュ付きデイバインダーが設けられて整理整頓が容易だ。背負える他、手持ち&肩掛けの3way仕様で、汎用性も◎だ。底部には気の利いたシューズ室も。W33×H56×D28cm。2万5000円(エイアンドエフ TEL.03-3209-7575)


[ビギン2020年2月号の記事を再構成] スタッフクレジットは本誌をご覧ください。
商品価格は原則として本体価格であり、2019年11月30日現在のものです。

Close