Close
誰よりも早く花見したい人必見!“関東周辺”の穴場

誰よりも早く花見したい人必見!“関東周辺”の穴場

「花見をする」といえば、ソメイヨシノですよね。でも、桜には400種とも600種ともいわれる多くの品種があるそうです。そんな中で、2月から3月に咲く、早咲きの桜が続々と開花しています。既に花見のプレシーズンが始まっているのです。

そこで今回は、2月・3月にシーズンを迎える桜の、花見に最適な関東の穴場スポットを紹介します。その多くのスポットは花見だけでなく、太平洋を見下ろす絶景が眺められたり、関東有数の温泉に浸かれたりします。花見と共に、エリア一帯を楽しみ尽くしましょう!

町内各所に1,400本が咲き誇る頼朝桜/千葉県・鋸南町

千葉の房総半島の南部に位置する鋸南町(きょなんまち)では、「頼朝桜」が開花し始めています。「頼朝桜」とは、実は早咲きの桜で有名な「河津桜」のことです。源頼朝が石橋山の戦いに敗れて、同町の竜島海岸に逃れてきたという、逸話にちなんで名付けられた愛称です。

そんな鋸南の町内各所には、14,000本の頼朝桜が植栽されています。中でも保田川には約600本、佐久間ダム公園と佐久間川にはそれぞれ約400本が植栽され、一斉に見ごろを迎えようとしています。

佐久間ダム湖親水公園
桜の見ごろ:2月中旬〜3月上旬
頼朝桜まつり期間:2月15日〜3月8日
住所:千葉県安房郡鋸南町大崩39
アクセス:富津館山道・鋸南保田ICから約7.3km、または鋸南富山ICから約5.4km
サイト:http://sakumadam.com/index.php?%E9%A0%BC%E6%9C%9D%E6%A1%9C%E3%81%BE%E3%81%A4%E3%82%8A

 

この投稿をInstagramで見る

 

チカ🍎(@chika4312)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

のりぴー(@no12_27ri)がシェアした投稿

桜も菜の花も、さらに温泉も満喫!/静岡県・南伊豆町

開花時期の早い桜といえば、関東では河津桜が有名です。そんな河津桜の名所として有名なのが伊豆半島の河津町であり、中でもアクセスのしやすい河津駅周辺の川沿いです。

そんな定番エリアから、さらに南下した南伊豆町は、人混みを避けてゆっくりと河津桜を観賞したい人たちにおすすめの場所です。中でも桜が密集しているのが、下賀茂温泉を流れる青野川沿いのエリア。河津桜の並木が続いているほか、桜の下には菜の花が咲き誇っています。

さらに3月10日までは、「みなみの桜と菜の花まつり」が開催されています。昼間に見る桜とは異なるライトアップされた趣のある桜が、毎夜楽しめますよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Masashi Oh-ishi(@m.o.bp9e)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

南伊豆町観光協会(@info_mizu)がシェアした投稿

みなみの桜と菜の花まつり
桜の見ごろ:2月中
まつり期間:2月10日〜3月10日
住所:静岡県賀茂郡南伊豆町下賀茂157-1
アクセス:伊豆急下田駅から下賀茂行きのバスで「九条橋(ぐじょうばし)」下車、徒歩2~3分
サイト:https://www.minami-izu.jp/?p=we-page-entry&spot=73493&cat=18711&pageno=3&type=spot

相模湾を背景にしたイギリス生まれの桜/神奈川県・小田原市

桜といえばまず思い浮かべるのは、ソメイヨシノという人が多いですよね。でも、日本には400品種とも600品種ともいわれるほど、桜の種類は多彩です。中でも2月や3月に咲く桜のなかで、植栽が進んでいる品種の一つに「おかめ桜」があります。

お面でおなじみの「おかめ」さんにちなんで名付けられたのですが、実はイギリス生まれの品種。イギリス人のイングラムさんが、カンヒザクラとマメザクラを交配して作りました。それが日本へ逆輸入されて、ジワジワと広まってきているんです。

有名なのが、京都・長徳寺のおかめ桜ですが、穴場としておすすめなのが、神奈川県小田原市の根府川エリアです。住民の方々が植えた約400本の桜を、さまざまな場所で見られます。例えば「関東の駅百選」にも選ばれている可愛い駅として知られる根府川駅の周辺はもちろん、裏手の山を少し登れば相模湾を背景にした桜などが見られます。

ココ! という密集した場所がない代わりに、人混みで桜が楽しめない、という心配もないので、付近を散歩しながら花を愛でるのにぴったりな場所です。

根府川おかめ桜まつり
桜の見ごろ:例年3月中
根府川おかめ桜まつり:2月29日(土) 午前9時00分~午後3時00分
場所:神奈川県小田原市の根府川駅周辺ほか
アクセス:東京駅から新幹線・熱海駅で乗換→東海道本線で15分ほど
サイト:http://www.city.odawara.kanagawa.jp/kanko/Flower/okamezakura.html

 

この投稿をInstagramで見る

 

non_non(@non_nori_nori)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

udonman(@udonman)がシェアした投稿

78品種の桜が4月中旬まで咲き続ける桜の公園/神奈川県・鶴見区

三ツ池公園は、園内に桜だけで1,600本も植えられている神奈川屈指の桜スポットです。本数の多さもですが、ポイントは78品種という品種の多さ。例年2月中旬の「寒桜」でスタートし、3月には「椿寒桜」や「寒緋桜」、「枝垂れ桜」に「エドヒガン」などと続いていきます。

その7割を占める染井吉野が4月上旬に咲き、花見シーズンの最盛期を迎えます。同公園では、その後も「山桜」や「小彼岸」「八重の豆桜」「十月桜」「萬里香」「梅護持数珠掛桜」「霞桜」などが、4月下旬まで園内のあちこちで咲いていきます。

今年は寒桜が咲き始めています。これから4月下旬まで続くシーズン中、たびたび訪れて、さまざまな桜を探すのにもってこいの公園といえるでしょう。

三ツ池公園
桜の見ごろ:例年2月中旬〜4月下旬
まつり期間:3月16日〜4月15日
住所:神奈川県横浜市鶴見区三ツ池公園1-1
アクセス:新横浜駅または鶴見駅からバス
サイト:https://www.kanagawaparks.com/mitsuike/

 

この投稿をInstagramで見る

 

始天(@shiten.neuter)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

POMMEMOM(@pomme.0526)がシェアした投稿

Close